Press release

シュプリンガー・ネイチャー、100万本のオープンアクセス論文を出版し、大きな節目を迎える

2021年12月2日

2021年12月2日  ロンドン|ニューヨーク|ハイデルベルク

シュプリンガー・ネイチャーは、100万本の一次研究とレビュー論文をゴールドオープンアクセス(OA)で即時出版する初の出版社となりました。これは、すべての人が研究成果をただちに閲覧、共有、利用、および再利用できるようにすることで発見を進展するという、当社の長年にわたる取り組みの証です。

2005年以降にシュプリンガー・ネイチャーが出版した全論文の25%がゴールドOAとなります。また、2020年のみにおいても、シュプリンガー・ネイチャーが出版した全論文の34%がこのようなオープンアクセス論文でした。

OA出版全体の状況を見たとき、シュプリンガー・ネイチャーは、すべての一次研究のOA論文の16%を出版しており、これはほかの出版社よりも29%多く1、シュプリンガー・ネイチャーのOAにおけるリーダーとしての地位を確固たるものにしています2

そのため、世界中のあらゆる学術分野の250万人近くの著者3が研究のオープンアクセス化を支援しており、OA出版がもたらす影響力(インパクト)、利用度、リーチの向上から恩恵を受けています4

さらに、これまでシュプリンガー・ネイチャーが出版してきた100万本のOA論文を分析した結果、次のことがわかりました:

  • 2016年以降、研究論文が累計26億回ダウンロードされている。
  • 論文は、世界中のほぼすべての国でダウンロードされ、南極でもダウンロードされている。
  • 出版された論文の半数近くは、医学分野の論文(44%)である。一方、医学分野は、非OAコンテンツの20%を占める5
  • 社会科学と人文科学のOAシェアが2015年から2020年の間に倍増した。これらの分野における論文の絶対数は少ないものの、ほかの分野に比べて大きな成長がみられる。
  • ヨーロッパが最も多くのOAコンテンツ(40%)6を出版し、アジアが最も多くコンテンツを利用している(論文ダウンロード数の34%を占める)7
  • 持続可能な開発目標(SDG;Sustainable Development Goals)のコンテンツは、非OAコンテンツに比べて、OAコンテンツの方が大きな割合を占める(67%多くOAで出版されている)。また、OAで出版されたSDG研究は、SDGではない研究のOA論文に比べて、より多くダウンロードされ、引用される8
  • 2019年から2021年の間において、日本から出版されたOA論文の増加率は、144%である(平均で年6,255本のOA論文を出版)。OA論文を最も多く出版してる国のうち、ドイツが最も高いOA論文の増加率がみられた(255%)。2021年までの時点で、最も多くOA論文を出版している割合の国は、次のとおりである:アメリカ合衆国(15%)、中国(15%)、英国(7%)、ドイツ(7%)、日本(5%)9
  • 2021年時点の論文のページビュー回数10の上位10か国:アメリカ合衆国(25%)、英国(8%)、インド(7%)、中国(5%)、オーストラリア(4%)、カナダ(4%)、ドイツ(3%)、日本(3%)、韓国(2%)およびフィリピン(2%)。これらの国のほとんどは、2019年から2021年の間において、OA論文を出版している上位10か国に含まれる。
    • 生命科学(2017): Nishita, M., Park, SY., Nishio, T. et al. Ror2 signaling regulates Golgi structure and transport through IFT20 for tumor invasiveness. Sci Rep 7, 1 (2017). https://doi.org/10.1038/s41598-016-0028-x
    • 人文科学(2016): Wakunami, K., Hsieh, PY., Oi, R. et al. Projection-type see-through holographic three-dimensional display. Nat Commun 7, 12954 (2016). https://doi.org/10.1038/ncomms12954
    • 医学(2012): Kanda, Y. Investigation of the freely available easy-to-use software ‘EZR’ for medical statistics. Bone Marrow Transplant 48, 452–458 (2013). https://doi.org/10.1038/bmt.2012.244

シュプリンガー・ネイチャーの最高経営責任者(CEO)であるFrank Vrancken Peeters(フランク・ブランケン・ピーターズ)は、次のように述べています。

「20年前、OA出版はまだ始まったばかりでした。しかし、私たちは、発見を促し、知識や学習へのアクセスを向上させるためには、OAへの移行が重要であると考え、私たちの活動の中心に据えています。このような節目を迎えられたことを嬉しく思うとともに、これほど膨大な量の研究をすべての人がただちに利用できるように、著者と協力してくださった皆さまに、心から感謝しています。

「しかし、私たちのミッションはここで終わりではありません。私たちはこの成果をもとに、オープンアクセスだけでなく、すべての研究成果にすぐにアクセスできるオープンサイエンスの未来に向けて、さらに前進する必要があります。私たちを待っているのは、より迅速で効果的な研究システムであり、ワクチンのような恩恵や、気候変動のような地球規模の課題に対する解決策を全世界に提供することなのです」。

シュプリンガー・ネイチャーは、20年以上にわたって研究をオープンにすることに取り組んできました。BMCは、2000年に最初のコンテンツを出版し、一方、2015年に始まったシュプリンガー・ネイチャーの先駆的なSpringer Compact契約は、今日の転換契約(TA;Transformative Agreements)への道を開きました。それ以来、シュプリンガー・ネイチャーは、転換ジャーナル(TJ; Transformative Journals)のコンセプトを導入し、すべての著者がNature やそのほかの厳選されたタイトルでOA出版できるようにすることで、OAへの移行を推進し続けています。

備考

シュプリンガー・ネイチャーの100万本のOA論文は、2005年から現在までに即時に完全OA化された原著論文とレビュー論文で構成されています。

1 2005年以降のWeb of Science誌に掲載された一次研究論文と定義されるコンテンツ

2 「ほかの出版社よりも29%多く」というのは、市場全体で次に大きなシェアを持つ出版社(Elsevier - 12.94%)とシュプリンガー・ネイチャーのシェア(16.69%)の差を指しています。

3 Dimenions.aiから取得したユニークなリサーチID

4 https://www.springernature.com/gp/open-research/about/oa-effect-hybrid

2005年~2021年の論文数を用いて算出

6 2019年から2021年の間に出版された論文

7 2005年以降に出版されたコンテンツにおいて、2019年から2021年の間のダウンロード数

8 Dimenions.aiから取得したSDGの分類 

9 2021年の統計は、2021年1月~11月までのデータ

10 Google Analyticsのセッションをもとにページビューを算出 

用語解説

  • ゴールドオープンアクセス (Gold OA):出版社のプラットフォームにおいて、論文や書籍を論文掲載料や書籍出版料などを支払うことでオープンアクセスで出版するルートです。原稿編集(コピーエディティング)や組版後の最終公開版(VOR;Version of Record)。ゴールドOAで出版された論文は、掲載後直ちにオープンアクセスとなり、プラットフォーム上にて無料で閲覧可能となります。ゴールドOAの論文出版は、論文掲載料(APC;Article Processing Charge)や転換契約によって賄われています。
  • 転換契約(Transformative Agreements):転換契約は、参加する機関がジャーナルを購読するためのアクセスとOA出版のコスト(APC)を組み合わせることを可能にする契約です。
  • 転換ジャーナル(Transformative Journals):購読型ジャーナルやハイブリッドジャーナルを完全なオープンアクセスに移行することを公約するジャーナル。

リンク

オープンアクセスに関するウェビナー、基本情報、白書、著者インタビューなどについては「オープンアクセスウィーク2021 」のページをご覧ください。

シュプリンガー・ネイチャーは、175年以上にわたり、研究コミュニティー全体へ最良のサービスを提供することによって発見の進展に貢献してきました。研究者が新しいアイデアを公開することを支援するとともに、公開するすべての研究が重要で着実であり、客観的な精査にも耐え、関心を持つすべての読者にもっとも良いフォーマットで届き、発見、アクセス、使用、再利用、および共有されるようにします。私たちは、テクノロジーやデータの革新を通じて図書館員や研究機関をサポートし、学会に出版を支援するための優良サービスを提供します。

学術出版社として、シュプリンガー・ネイチャーは、シュプリンガー、ネイチャー・ポートフォリオ、BMC、Palgrave Macmillan、Scientific Americanなどの信頼されたブランドを有しています。詳しい情報は、springernature.com をご覧いただき、@SpringerNature のフォローをお願いいたします。

宮﨑 亜矢子
シュプリンガー・ネイチャー
コーポレート・アフェアーズ
Tel: +81 (0)3 4533 8204
E-mail: ayako.miyazaki@springernature.com

 

※ 本プレスリリースの原本(一部を除いて)は英語であり、日本語は参考翻訳です。

英語プレスリリース - Major milestone reached as Springer Nature publishes one million Open Access articles  

「プレスリリース」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度