Press release

学術書籍の未来は、オープン(アクセス)に

2019年6月19日

シュプリンガー・ネイチャーは、世界の学術書著者2500人以上を対象にオープンアクセス(OA)に対する考え方を調査し、詳細な知見を明らかにするとともに、OA出版の取り入れをさらに増やすための結論と提言をまとめました。

ロンドン | ベルリン|東京 2019年6月19日

今後出版する学術書は、すべてオープンアクセス(OA)にすべきであるという考え方に、過半数の著者が賛同している――これはシュプリンガー・ネイチャーが今週、CERN(欧州原子核研究機構)のOAI-11カンファレンスで新たに公開した白書の中で、主な結論のひとつにあげたものです。シュプリンガー・ネイチャーは、世界の研究者がOA出版についてどう考えているかを知るため、2019年2月から3月にかけて、2542人の学術書著者を対象に調査を実施し、その回答をもとに白書をまとめました。調査では、研究者の書籍出版に対する動機に注目し、出版の際にOAを選択するかどうかを左右するパラメーターや主な要因を分析しました。また、OA出版を選択するにあたり、著者がどのような阻害要因に直面しているかも調査しました。その結果、OA出版という選択肢があまり認識されていない、資金が少ない、さらにはOA書籍がどう見られているかが不安であるといった要因が明らかになりました。本白書は、無料でダウンロードできます。

その他の主な結論は、以下のとおりです。

  • 若手研究者、欧州およびアジアの研究者、OA書籍の出版経験がある研究者の方が、OAを強く支持している。
  • OA出版を選択する主な動機は、倫理的理由(公平なアクセス)と、より多くの読者に届けられるというメリットである。
  • 過半数の著者が、OA出版のための資金援助を増やしてほしいと望んでいる。
  • OA出版の中では、ゴールドOAが最も好まれている。

OA出版の著者は出版社の評判をさほど重視してはいないが、出版においては依然として決定要因になっている。

調査には、OA書籍の著者とOAではない書籍の著者の両方の意見が反映されています。調査に参加した2542人のうち、OA出版の経験がある著者は407人、ない著者が2037人、どちらか分からないと答えた著者が98人でした。

シュプリンガー・ネイチャーの書籍を担当するManaging Director、Niels Peter Thomasは次のように述べています。「当社は、2012年にOA書籍出版のためのプログラムを開始しました。オープンアクセスのパイオニアとして、信頼性の高い研究成果をできるだけ多くの読者に公開できるよう取り組んでいます。」

「調査の結果、研究者が書籍を執筆する際に最も強く望むのは、多くの読者に届けたいということと、自らの研究を中心に分野を超えた議論を推進したいという2点であることが明確になりました。シュプリンガー・ネイチャーは、書籍の認知度向上や著者のリーダーシップを支援できるOA出版という選択肢を提供しています。これは、研究の推進につながる持続可能な方法だと考えています。」

シュプリンガー・ネイチャーのOA書籍を担当するDirector、Ros Pyneは次のようにコメントしています。「調査結果から読み取れるのは、研究者の皆さまがOA出版の経験の有無にかかわらず、OA出版に対しておおむね好意的であるということです。これは、意味のある結果であり、ありがたいことです。また、OA出版を経験した方の満足度も高く、今後も引き続きOA出版を選択していただけると考えられます。」

「調査から、学術書のOA出版の未来は有望であるという総合的結論が得られました。また、当社のOA書籍プログラムの継続的な発展に役立つ情報も収集できました。その情報を有効に生かすことで、研究者の皆さんのニーズと優先事項に合致した取り組みが可能になります。一方、今後一層OA出版を採用していただくためには、これまで以上にニーズに対応して、学術書出版におけるOAの機会やメリットについて、著者や資金提供者の皆さんにより深く納得していただくことが必要です。」

また、これまで同様、資金不足がOA出版を望む研究者の大きな阻害要因になっていることも明らかになりました。そのため、白書では、資金提供者がOA出版をより強力に支援してくださるよう推奨し、学術情報の流通を担う業界に対しては、OA出版を可能にする多様な方法を新たに開発するよう提言しています。

参考リンク:

シュプリンガー・ネイチャーは、SpringerOpen、Palgrave Macmillanを運営するオープンアクセス書籍出版のパイオニアです。2012年に最初のOA書籍出版プログラムを開始し、現在は全学術分野を網羅する750タイトル以上のOA書籍ポートフォリオを保有しています。2018年までのダウンロード数は全世界で3000万チャプターを超えています。@SN_OAbooksをフォローしていただくと、最新のOA書籍情報をお届けします。

175年以上にわたり、シュプリンガー・ネイチャーは、研究コミュニティ全体に可能な限り最高のサービスを提供することによって発見の進展に貢献してきました。研究者が新しいアイデアを発見し、図書館員や機関を技術やデータの革新で支援し、そして質の高い出版を社会に提供する支援をしています。私たちが発表するすべての研究は、可能な限り最高のフォーマットですべての関連する読者に届き、発見、アクセス、使用、再利用および共有できるように、重要かつ客観的な精査を行っています。

学術出版社として、シュプリンガー・ネイチャーは、シュプリンガー、ネイチャー・リサーチ、BMCPalgrave MacmillanScientific Americanなどの信頼されたブランドを有しています。また、幅広い革新的なプラットフォーム、製品、サービスを通じて、質の高いコンテンツを提供しています。シュプリンガー・ネイチャーのインプリント、書籍、ジャーナルなどのリソースは、世界中の何百万人ものユーザーに日々届いており、研究者、学生、教師、専門家による発見、学習、成果の達成を支援しています。

詳細については、 springernature.com  @SpringerNatureをご覧ください。

宮﨑 亜矢子
シュプリンガー・ネイチャー
コミュニケーションズ
Tel: +81 3 4533 8204
E-mail: ayako.miyazaki@springernature.com

※ 本プレスリリースの原本は英語であり、日本語は参考翻訳です。

英語プレスリリース

 

プライバシーマーク制度