Press release

ネイチャー・リサーチと株式会社ヤクルト本社が研究助成プログラム「The Global Grants for Gut Health」を開始

2018年7月26日

ネイチャー・リサーチと株式会社ヤクルト本社(以下、ヤクルト本社)は、近年、腸内細菌叢が健康や疾病において果たす役割を示す研究成果が増えていることを受け、この重要な分野の発展に寄与するために、腸内細菌叢の研究を対象とした研究助成プログラム「The Global Grants for Gut Health」を開始します。

研究助成プログラム「The Global Grants for Gut Health」は、ヒトの健康に対する腸内細菌叢の影響に関する基礎から臨床の研究を進展させることを目的としています。 

本プログラムの募集開始は2018年8月を予定しています。募集から選考、そして1年間の研究期間を経て、報告までを1周期とします。合格者は1周期に最大3件で、1件当たり10万USドルの研究助成金を支給します。
対象者は、世界各地の大学、研究機関またはその他の非営利組織に雇用されている研究者とします。また、専門職学位または研究学位[博士に相当]を保持し、少なくとも学位取得後、5年以上の研究経験を有する者とします。

申請対象となる研究領域は以下のとおりです。
・ヒトの腸内細菌叢の構造、機能、調節、多様性
・腸管免疫への腸内細菌叢のかかわり
・肥満、炎症性腸疾患および過敏性腸症候群などの炎症性および代謝性疾患における腸内細菌叢と栄養素の役割
・脳腸相関における腸内細菌叢の役割
など

申請された研究は、腸内細菌叢研究の分野で世界的に著名な研究者で構成された選考委員により評価されます。選考委員は、この分野に造詣の深いネイチャー・リサーチの編集メンバーによって推薦されます。合格者の選考は、選考委員により、独創性、重要性、科学的品質などの基準に基づいて決定します。なお、ネイチャー・リサーチとヤクルト本社は合格者の決定に関与しません。

申請に関する詳細は、8月に本プログラム専用WEBサイトにて公開予定です。

ネイチャー・リサーチのマネージングディレクターのディーン・サンダーソンは、次のように述べています。
「当社はヤクルト本社と提携してこのグローバルプログラムを開始することをうれしく思います。限られた資源に対する競争が激化するにつれて、研究者、特に若手研究者は研究費の調達に苦労している現状もあります。この度の助成金がこれらのニーズに応える役割を果たすことを願っています。ヒトの腸内細菌叢とその健康への関わりは、急速に成長する研究分野です。私たちはこの分野の研究者を支援することに興奮しており、彼らによる発見を楽しみにしています」

ヤクルト本社の取締役専務執行役員・経営サポート本部長の成田 裕は、次のように述べています。
「現在、腸内細菌叢が、さまざまな疾病に関わりを持つことを示唆する研究成果が報告されています。私たちは、腸内細菌叢やプロバイオティクス分野の研究の更なる進展に向けて、ネイチャー・リサーチと共同で研究助成プログラムを実施することに大きな期待をしています。この取り組みが、腸内細菌叢がヒトの健康に及ぼす影響を解明する一助となり、世界人類の健康と幸福な社会づくりに貢献できると確信しています」

 

記者の方々へ:

ネイチャー・リサーチについて       

ネイチャー・リサーチは、生命科学・物理学・化学・応用科学など多岐にわたる分 野で高品質のジャーナル、オンラインデータベース、研究者を対象としたサービスなど、科学界への貢献を目的としたサービスから成るポートフォリオを提供しています。Nature(1869年創刊)は世界有数の週刊の国際科学雑誌で、ブランドの中核を成すものです。ネイチャー・リサーチはまた、定期購読用のさまざまなNature関連誌とNatureレビュー誌、さらには、オープンアクセスの分野横断的ジャーナルであるNature CommunicationsやメガジャーナルであるScientific Reports、その他ネイチャー・パートナー・ジャーナル(NPJ)などのオープンアクセス誌も提供しています。オンラインのnature.comには、1か月当たり900万人を超えるユーザーが訪れ、Natureのニュース記事やコメント記事、そしてNaturejobsなどの科学求人サイトにアクセスしています。また、ネイチャー・リサーチは、オンラインおよび対面によるトレーニングや専門家による英文校正サービスなど、さまざまな研究者支援サービスも提供しています。

ネイチャー・リサーチは、研究、教育、専門領域において世界をリードする出版社であるシュプリンガー・ネイチャーの一部です。

 
株式会社ヤクルト本社について

株式会社ヤクルト本社は、飲料・食品、医薬品、化粧品の研究・開発・製造・販売を行う日本企業です。80年以上にわたり、プロバイオティクス分野の可能性を追究しています。
生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献することを理念に事業を展開し、乳酸菌飲料「ヤクルト」をはじめとする乳製品は、世界38の国と地域において、毎日3900万本※が愛飲されています。
ヤクルト本社に関する更なる情報は、http://www.yakult.co.jpをご参照ください。※2017年度実績

 

この件に関する問い合わせ

シュプリンガー・ネイチャー 広報(担当:大場、泉)   電話:03-4533-8096

株式会社ヤクルト本社 広報室(担当:入口、村山、丸山)電話:03-3574-8920

 
研究助成プログラムに関する問い合わせ

シュプリンガー・ネイチャー (担当:大場)      電話:03-4533-8096

 

※本プレスリリースの原本は英語であり、日本語は参考翻訳です。

英語プレスリリース

 
プライバシーマーク制度