Japanese Author

ピラミッドの巨大新空間を科学的に発見

森島 邦博

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180320

世界最大であるクフ王のピラミッド。森島邦博 特任助教が率いる名古屋大学の研究チームは、宇宙線のミューオンを利用して、まるでレントゲン写真を撮るように、ピラミッドを傷つけることなく、その内部構造を可視化することに成功した。するとそこには、謎の巨大空間が出現し、考古学者たちを驚かせている。

図1 クフ王のピラミッドと発見された空間 | 拡大する

©ScanPyramids

図2 クフ王のピラミッドに置いたフィルムの設置場所 | 拡大する
図3 女王の間に続く洞穴に置いたフィルム | 拡大する

–– エジプトのクフ王のピラミッドに謎の空間を発見したことが話題になっていますね。

森島: 大回廊の真上に旅客機大の未知の大空間を発見しました。そのことを報告する論文が2017年11月2日にNatureから公開され1、その2日後にはNHKで特集番組が放送されました。その後、いろいろなメディアが取り上げてくれて、大きな反響を呼びました。ピラミッドは人々の関心の高いテーマなのですね。

–– エジプトの考古学者から批判的なコメントが出たとの報道もありました。

森島: 報道があったことは承知していますが、正式な批判コメントは出ていませんし、直接何か言われたわけでもありません。

ニュースなどから推測すると、「以前から知られていた空間だ」と言っている人がいるようですが、そのような空間の存在を唱えた説は見つかっていません。岩の隙間に散らばる小さい空間を指しているのであれば、規模が違います。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度