Nature ダイジェスト

News Feature

火星の石を持ち帰れ!

火星の生命を探す最良の方法は、火星の岩石を地球に持ち帰ってじっくり分析することだが、試料を汚染から守るのは至難の業だ。NASAは今、24億ドルを投じて、この前例のないミッションに挑もうとしている。

拡大する

NASA/JPL-Caltech/University of Arizona

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170418

原文:Nature (2017-01-19) | doi: 10.1038/541274a | The $2.4-billion plan to steal a rock from Mars

Alexandra Witze

2012年、空中の降下ステージから吊り下げられたNASAの火星探査車「キュリオシティ」が完璧な着地を決めたとき、この大胆極まりない着陸作戦を成功させたAdam Steltznerは、エンジニア界のスターになった。現在、NASAの次の火星探査車「マーズ2020」のチーフエンジニアを務める彼の最大の関心事は、いかにして試料の汚染を防ぐかということにある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度