Research press release

人類学:サハラ以南の古代人は地元に根付いた生活をしていた

Nature

Anthropology: Ancient sub-Saharan humans lived local

古代人のDNAの研究が行われ、更新世末期にサハラ砂漠以南のアフリカに居住していた採集民が、地元に根付いた生活様式を好んでいたことが示唆された。この知見を報告する論文が、Nature に掲載される。今回の研究で、サハラ砂漠以南のアフリカから報告された古代DNAの時間的深度が2倍になり、アフリカの人類集団史に関する新たな知見が得られた。

これまで、アフリカの古代人の集団史を解明することは困難だった。これは、最近の5000年間の遊牧民と農民の動きによって、それより古い時代の人類集団の構造の解明が難しくなったことによる。今回、Mary Prendergast、David Reichたちは、さらに古い時代について調べるため、古代人34人のゲノム情報の研究を行った。このゲノム情報には、過去1万8000年間にわたるアフリカ東部と中南部に由来する6つの新たに生成されたデータセットが含まれている。その結果、3つの高度に分岐した源集団が特定された。第1がアフリカ東部に由来する集団、第2がアフリカ南部に由来する集団、第3がこれまで未評価だった系統で、現在、アフリカ中部の熱帯雨林で生活している採集民に最も高いレベルで見られる。

これまでの考古学に基づいた研究では、更新世の終わりに近づくと、生活が地域化する傾向が強まったことが示唆されている。この仮説を裏付けるさらなる証拠が、今回のゲノム研究によって得られた。新たに浮上したシナリオは、約5万年前にアフリカの東部、南部、中部の集団間で混合と移動があったというものだ。これにより、1つの人類集団の構造が形成され、それが約2万年前の更新世末期まで極めて安定的に推移し、人類の生活の地域化傾向が強まった。

Sub-Saharan African foragers who lived towards the end of the Pleistocene epoch favoured a regional style of living, a Nature study of ancient human DNA suggests. The research, which doubles the time depth of ancient DNA reported from sub-Saharan Africa, sheds new light on the population history of Africa.

It has been difficult to decipher Africa’s ancient population history because the recent movements of pastoralists and farmers over the past 5,000 years have obscured more-ancient population structures. To probe deeper time, Mary Prendergast, David Reich and colleagues studied ancient genomic information from 34 different individuals, including 6 newly generated datasets from individuals from eastern and south-central Africa spanning the past 18,000 years. Three highly divergent source populations were identified; one from eastern Africa, one from southern Africa and a previously unappreciated lineage that today is found at its highest levels in foragers living in the rainforests of central Africa.

Previous studies, based on archaeology, have suggested that living became more regionalized towards the end of the Pleistocene. This genomic study provides additional evidence in favour of the hypothesis. The scenario that emerges is one in which people mixed and moved around between east, south and central Africa, around 50,000 years ago. This created a population structure that then remained highly stable towards the end of the Pleistocene, about 20,000 years ago, when people were living more regionally.

doi: 10.1038/s41586-022-04430-9

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度