Research press release

考古学:バイキングの勢力拡大は貿易と関連していた

Nature

Archaeology: Viking expansion associated with trading

デンマークにあった中世初期の商業施設に由来する人工遺物の正確な年代測定が行われ、バイキング時代の初期に、北極圏ノルウェーや中東まで遠隔地貿易が拡大していたことが明らかになった。この知見を報告する論文が、今週、Nature に掲載される。中東のガラスビーズの到来とバイキングスカンジナビアでのベルダル様式のブローチの生産についての正確な年代測定が行われ、西暦785~810年とされた。これらの知見は、バイキング時代の始まりが貿易ルートを巡る競争と関連していた可能性を示唆している。

バイキング時代の遠隔地相互作用の時期と動態については、広く議論が交わされている。中東におけるイスラム帝国の拡大を背景にした世界的な貿易サイクルの出現が、バイキング時代の貿易とシャルルマーニュ王朝下の西ヨーロッパの繁栄にとっての経済的な触媒となったという主張がある。一方、この貿易の年代決定と影響に疑問を呈し、バイキングスカンジナビアとカロリング帝国の発展の大部分が地域内での発展にとどまっていたと主張する人もいる。

今回、Bente Philippsenたちは、新しい単年分解能の放射性炭素年代較正曲線を用いて、デンマークのリベにあったバイキング時代の商業施設の人工遺物の正確な年代測定を行った。この年代測定モデルにより、西暦760~800年の期間について、年代順の基準点が得られた。Philippsenたちは、この期間の初期にリベがヨーロッパ大陸西部との独占的な取引を行っていた可能性があることを明らかにし、その証拠として、2種類の人工遺物を提示している。その1つは、破損した杯やローマ時代のモザイクタイルのリサイクルガラス素材でできたガラスビーズで、もう1つは、ライン地方の陶磁器だった。ノルウェーの岩石から作られた砥石の年代は、西暦740年ごろまでさかのぼることができ、これは、西暦790年に北海バイキングの襲撃がエスカレートする前にスカンジナビア内で海上貿易が増加していたことを示唆している。西暦750~790年に製造されたワスプタイプのガラスビーズは、バルト海沿岸地域との交通があったことを暗示している。また、中東のガラスビーズの到来とベルダル様式のブローチの生産は、西暦785~810年と年代決定された。

Philippsenたちは、この年代測定モデルを使用することで、過去の急速な変化(経済動向、気候の傾向など)の関連可能性を探ることができるようになるかもしれないと結論付けている。

The precise dating of artefacts from an early medieval trading emporium in Denmark charts the expansion of long-distance trade as far as Arctic Norway and the Middle East at the beginning of the Viking Age, reports a paper in Nature this week. The arrival of Middle Eastern beads and the production of Berdal-style brooches in Viking Scandinavia has been precisely dated to AD 785–810. These findings suggest that the beginning of the Viking Age may have been associated with competition for trade routes.

The timings and dynamics of long-distance interactions in the Viking Age are widely debated. Some argue that the emergence of a global trade cycle, based on the growing Islamic empire in the Middle East, provided the economic catalyst for Viking Age trade and Western Europe’s prosperity under Charlemagne. Others question the date and impact of this trade and argue that the developments in Viking Scandinavia and the Carolingian empire were mostly regional.

Using new single-year radiocarbon calibration curves, Bente Philippsen and colleagues precisely dated artefacts from a Viking Age trading emporium in Ribe, Denmark. This model provides chronological anchor points for the period between AD 760 and 800. The authors found that during its early phases, Ribe may have traded exclusively with continental western Europe, as evidenced by two artefact types: glass beads made from recycled glass material from broken drinking vessels or Roman mosaic tiles, and ceramics from the Rhine area. Whetstones made from Norwegian rock can be dated to around AD 740, which suggests that maritime trade was growing within Scandinavia before the escalation of North Sea Viking raids in AD 790. Wasp-type beads, produced between AD 750 and 790, imply communications with the Baltic Sea region. Finally, the arrival of Middle Eastern beads and the production of Berdal-style brooches were dated to AD 785–810.

The authors conclude that using this model may now allow the exploration of possible links between rapid changes in the past, such as economic and climatic trends.

doi: 10.1038/s41586-021-04240-5

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度