Research press release

がん:胃腫瘍に対する3剤併用療法

Nature

Cancer: Triple treatment for gastric tumours

免疫療法を化学療法と標的薬と併用する治療法が、HER2陽性の進行胃腫瘍患者の転帰を改善する可能性があることを示唆する論文が、Nature に掲載される。今回の研究は、第III相臨床試験の中間解析に基づいており、これがきっかけとなって、米国食品医薬品局(FDA)が、この治療法の臨床使用を承認した。

進行性の胃腺がんや胃食道接合部腺がんの患者の約20%で、ヒト上皮成長因子受容体2タンパク質(HER2)が過剰発現している。ここ10年以上にわたって、これらの患者の標準的な第一選択治療は、抗HER2抗体トラスツズマブと化学療法の併用療法だ。

今回、Yelena Janjigianたちは、KEYNOTE-811第III相臨床試験の一環として、この併用療法にペムブロリズマブという薬剤を追加することの利点を評価した。ペムブロリズマブは、免疫系が腫瘍細胞を認識して攻撃する際に役立つ抗体だ。この臨床試験に登録された264人の患者から有効性データが得られた。Janjigianたちは、トラスツズマブと化学療法にペムブロリズマブを追加したところ、腫瘍サイズが縮小し、一部の患者に完全奏効(一時的寛解)が誘発されて(完全奏効率が3.1%から11.3%に上昇)、良好な治療応答を示した患者の割合が有意に増加したことを明らかにした。

今回の臨床試験で有望な結果が得られたため、Janjigianたちは、同じ疾患の初期段階の患者を対象として、同じ3剤併用療法の試験を実施することを提案している。この臨床試験では、3剤併用療法が患者の生存率に及ぼす影響を継続して監視する予定だ。

Combining immunotherapy with chemotherapy and targeted agents has the potential to improve the outcome of patients with advanced HER2-positive gastric tumours, a Nature paper suggests. The study, based on interim analyses of a phase III clinical trial, has prompted the United States Food and Drug Administration (FDA) to approve use of the treatment in the clinic.

Around 20% of people with advanced gastric or gastro-oesophageal junction adenocarcinomas overexpress the human epidermal growth factor receptor 2 protein (HER2). For more than a decade, the standard first-line treatment has been combination therapy with the anti-HER2 antibody trastuzumab and chemotherapy.

As part of the KEYNOTE-811 phase III clinical trial, Yelena Janjigian and colleagues assessed the benefits of adding an extra drug called pembrolizumab to the combination. Pembrolizumab is an antibody that helps the immune system to recognize and attack tumour cells. Efficacy data were generated from 264 patients enrolled in the trial. Adding pembrolizumab to trastuzumab and chemotherapy reduced tumour size, induced complete responses (temporary remission) in some participants (increasing the rate of complete responses from 3.1% to 11.3%), and significantly increased the proportion of patients that had favourable responses, the team found.

Given the promising results in this trial, the authors suggest that the same triple treatment be tested in patients with earlier stages of the disease. The trial will continue to monitor the effect of the combination treatment on patient survival.

doi: 10.1038/s41586-021-04161-3

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度