Research press release

気候:モントリオール議定書は陸域の炭素貯蔵を守ることで気候変動の緩和に役立った

Nature

Climate: Montreal Protocol may have mitigated climate change by protecting terrestrial carbon stores

このほど実施されたモデル化研究で、モントリオール議定書が、植物を紫外線損傷から守った結果、炭素貯蔵量の減少と大気中の二酸化炭素濃度の上昇が回避され、気候変動の緩和に役立ったと考えられることが明らかになった。この研究結果を報告する論文が、Natureに掲載される。

オゾン層は、人間と生態系の健全性に害を及ぼす(例えば、炭素を貯蔵する植物を損傷する)紫外線Bを吸収する。オゾン層を破壊する物質、例えば、古い冷蔵庫やエアロゾル類に商業的に使用されていたクロロフルオロカーボン(CFC)などは、1987年のモントリオール議定書(オゾン層を保護するための国際協定)の採択とその後の改正の結果、段階的に使用が禁止された。

今回、Paul Youngたちは、モントリオール議定書が紫外線放射量と気候変動の増加を防止することによって、陸域生物圏とその炭素吸収源としての能力にどのような利益をもたらしたのかを探究した。Youngたちは、オゾン層破壊、気候変動、植物の紫外線損傷、炭素循環を組み込んだモデル化の枠組みを用いた。シミュレーションの結果、モントリオール議定書がなかったなら、21世紀末に植物と土壌に吸収される炭素の量は325~690ギガトン減少する可能性があることが示された。Youngたちは、その結果増加する大気中の二酸化炭素によって、全球平均地上気温は約0.5~1.0℃上昇する可能性があると推定している。

以上の知見は、モントリオール議定書が、強力な温室効果ガスであるオゾン層破壊物質の削減による気候保護という周知の結果に加えて、気候系にとってのコベネフィット(共通便益)があることを示唆している。

The Montreal Protocol may have helped to mitigate climate change by protecting plants from UV damage, thereby avoiding a reduction in carbon storage and an increase in atmospheric carbon dioxide levels, reports a modelling study published in Nature.

The ozone layer absorbs UVB light that is harmful to human and ecosystem health, including causing damage to plants that store carbon. Ozone-depleting substances, including chlorofluorocarbons (CFCs) that were used commercially in older refrigerators and aerosols, damage the ozone layer and were phased out as a result of the 1987 Montreal Protocol — an international agreement to protect the ozone layer — and its amendments.

Paul Young and colleagues explored how the Montreal Protocol may have had benefits for the terrestrial biosphere and its capacity as a carbon sink by preventing increases in UV radiation and climate change. They used a modelling framework that integrates ozone depletion, climate change, plant UV damage and the carbon cycle. The simulations indicate that there could have been 325–690 Gt less carbon held in plants and soils by the end of this century in a world without the Montreal Protocol. The authors estimate that the resulting additional atmospheric carbon dioxide could have led to around 0.5–1.0 °C additional global mean surface temperature warming.

These findings suggest a climate system co-benefit of the Montreal Protocol, in addition to the well-known climate protection as a result of a reduction in ozone-depleting substances that are potent greenhouse gases.

doi: 10.1038/s41586-021-03737-3

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度