Research press release

生態学:ハチの個体数減少に対する農薬の影響が過小評価されている可能性がある

Nature

Ecology: Possible underestimation of agrochemical impacts on bee declines

複数の農薬(殺虫剤、除草剤など)の相乗的相互作用は、相加的であれば、ハチの死亡率に予想以上に大きな影響を与えることをメタ分析によって明らかにした論文が、今週、Nature に掲載される。農業に関連する環境ストレス要因の相互作用による影響が過小評価されているとすれば、ハチが現行の規制制度では保護されない可能性が生じる。

ハチの個体数が減少することは、世界の食料安全保障と野生生態系にとっての脅威である。この個体数減少に対しては、数多くの要因(例えば、農薬、寄生虫、栄養的ストレス要因)が、それぞれ寄与していることが明らかになっているが、これらの要因の相互作用を調べるこれまでの研究は、結果がまちまちで、決め手に欠けていた。

今回、Harry Siviter、Emily Bailesたちは、こうした脅威の程度を定量的に評価するため、、農薬、寄生虫、栄養的ストレス要因の356種類の相互作用がハチの健康に及ぼす影響を比較した90件の研究結果をまとめて分析した。全般的に言うと、複数のストレス要因が相乗的にハチの死亡率に影響していることが明らかになり、相互作用するこれらのストレス要因の複合効果が、ストレス要因の個々の効果の合計より大きくなることが分かった。ただし、このメタ分析の結果をストレス要因の種類別に整理すると、農薬が散布された作物中の残留農薬濃度として報告されている濃度の農薬間の相乗的相互作用がハチの死亡率に影響していることを示唆する強力な証拠が得られた。他方、ハチと共進化してきたストレス要因(寄生虫感染および/または栄養不良)の場合には、その複合効果が、ストレス要因の個々の効果を合計した期待値を超えなかった。

Siviterたちは、以上の結果は、農薬のストレス要因が相加的に相互作用することを前提としていて、その結果として人為的発生源がハチの死亡率に及ぼす相乗的な相互作用の影響を過小評価しているかもしれない環境リスク評価計画における警告を浮き彫りにしている可能性があると結論付けている。Siviterたちは、もしこの問題に取り組まなければ、ハチの個体数がさらに減少するリスクが生じ、世界の食料生産にとってかけがえのない財産である花粉媒介にも連鎖反応的な影響が及ぶと述べている。

Synergistic interactions between multiple agrochemicals, such as pesticides and herbicides, are having a greater impact on bee mortality than expected (if the effects were additive), according to a meta-analysis published in Nature this week. Underestimations of the interactive effect between environmental stressors associated with agriculture could mean that bees are not protected by current regulatory processes.

Declining bee populations are a threat to food security and wild ecosystems worldwide. Although many factors, such as agrochemicals, parasites and nutritional stressors, have been identified for their respective contributions to this decline, studies investigating the interactions between them have previously produced mixed, inconclusive results.

To quantitatively assess the extent of these threats, Harry Siviter, Emily Bailes and colleagues combined and analysed results from 90 studies comparing the effect of 356 types of interaction between agrochemicals, parasites and nutritional stressors on bee health. Overall, multiple stressors were found to be influencing bee mortality in a synergistic manner, meaning that the combined effect of these stressors interacting together is greater than the sum of their individual, respective effects. However, when this analysis was broken down by type of stressor, there was strong evidence to suggest that synergistic interactions between agrochemicals at concentrations that reflect the reported amounts of residue on treated crops are affecting bee mortality. By contrast, for stressors with which bees have co-evolved — that is, parasitic infections and/or malnutrition — accumulative effects were found to be no greater than additive expectations.

The authors conclude that these results could highlight a potential caveat in environmental risk assessment schemes that assume that agrochemical stressors interact in an additive manner and that, as a consequence, may be underestimating the synergistic interactive effects of anthropogenic sources on bee mortality. They describe that if this issue is not addressed, we risk witnessing further bee declines, with knock-on effects on pollination — an invaluable asset to global food production.

doi: 10.1038/s41586-021-03787-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度