Nature ハイライト

神経科学:初期脳発生のRNA-seq研究

Nature 555, 7697

単一細胞のRNA塩基配列解読技術の進歩により、脳構造の組み立てに関わる、多くの異なるタイプの細胞を特定することが可能になった。X Wangたちは今回、妊娠8~26週の発生中のヒト前頭前野(PFC)の細胞タイプについて調べた。彼らは、PFC発生の間に生じる35の異なる細胞サブタイプを特定し、それらの細胞がたどる運命を経時的に追跡した。このデータから、妊娠初期と中期におけるヒトPFCの組み立てに関する分子レベルと細胞レベルの概要が得られた。

2018年3月22日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度