Nature ハイライト

発生生物学:幹細胞の性

Nature 530, 7590

発生因子やホルモン因子は、生理学的性分化に関与することが知られている。今回I Miguel-Aliagaたちは、ショウジョウバエ(Drosophila)の腸管の体細胞性幹細胞で働いていることがこれまでに知られていなかった性分化経路が、器官のサイズ、生殖における可塑性、および腫瘍発生性傷害への応答の性特異的な違いを支配していると報告している。この発見は、成体腸管幹細胞の本来の性が、成体期における器官のサイズの維持と可塑性の調節の両方で主要な役割を担っている可能性を示唆している。

2016年2月18日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度