Nature ハイライト

物理: 空間の引きずり効果を確認

Nature 431, 7011

アインシュタインの一般相対性理論の重要な予測が、今週号で検証された。天体により生じる時空の湾曲として重力を記述するこの理論は、回転する質量が糖蜜中に置かれた回転コマのようにその周囲の空間を引きずることも予言する。これは、レンズ−ティリング効果あるいは「慣性系の引きずり」として知られている。 I CiufoliniとE C Pavlisは、レーザー測距装置を用いてNASAの2つの衛星LAGEOSとLAGEOS2の軌道を11年にわたり数mmの精度で記録し、この引きずり効果を観測した。そして彼らは、衛星の位置が毎年3 m以下の距離だけずれていくことを見出した。 Ciufoliniたちの結果は一般相対論が予言する値の99%で、10%までの誤差を含むという。N Ashbyは、「今回の報告は、慣性系の引きずり効果を初めて相当正確に測定したものである」とNews and Viewsでコメントしている。この結果は、これらの微小な天文学的摂動をはるかに高精度に測定するために設計されたNASAの周回衛星Gravity Probe Bからのデータによって、間もなく更新されることになるだろう。

2004年10月21日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度