Nature ハイライト

応用物理学: ラマン分光による単一分子の内部構造解明

Nature 498, 7452

TERSによる単一分子の画像化のイメージ画像。
TERSによる単一分子の画像化のイメージ画像。 | 拡大する

Credit: Guoyan Wang and Rongting Zhou

ラマン分光法は、特徴的な分子振動を検出して分子を特定する方法であり、現在広く用いられている。また、改良も進められており、スペクトルシグナルを増強する強い局在プラズモン場を利用して、単一分子レベルでも使えるようになっている。今回の研究はさらに先を行くもので、プラズモン共鳴の精密調整により1 nm以下の空間分解能でラマン分光の画像化を可能にする「ティップ増強ラマン散乱」(TERS)に関する手法を実証するとともに、単一分子の内部構造と表面形状さえも解像している。この手法は、単一分子レベルの光化学に向けて新しい道を開くとともに、必要に応じて分子の機能を設計・制御・操作する可能性をもたらすものである。

2013年6月6日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度