目次

News & Views

医学:神経再生の道を清掃する

Medicine: Clearing a path for nerve growth p.589

脊髄損傷が起こった後、切断された神経繊維の再生は、さまざまな妨害に直面することになる。細菌が生産する酵素を使ってこうした妨害物を減らすことがラットで試みられた。

doi: 10.1038/416589a

植物学:農作物の遺伝子を初めて解読

Plant biology: The first harvest of crop genes p.590

イネの遺伝子の概要配列が2つのグループにより解読された。この成果は、他の植物、特に穀物のゲノム研究において非常に貴重な情報源となろう。

doi: 10.1038/416590a

地球物理学:消滅しつつある極性

Geophysics: The disappearing dipole p.591

衛星からの地球磁場の測定によって、液体の鉄でできた地球コア内の循環が詳しく解明されている。この観測データは、地球が磁気極性反転の初期段階にある可能性を示唆している。

doi: 10.1038/416591a

分子生物学:選択的プロセシングと新しいマイクロアレイ技術

Molecular biology: Alternative arrays p.593

同じ遺伝子からでも、タンパク質合成の途中で生じるメッセンジャーRNAのスプライシングの仕方によって、異なるタンパク質が作られることがある。光ファイバーを利用したマイクロアレイが開発され、こうした選択的プロセシングの解明に使われようとしている。

doi: 10.1038/416593a

全球的変化:二酸化炭素は川の流れとともに

Global change: Carbon dioxide goes with the flow p.594

熱帯雨林を流れる河川から二酸化炭素が放出される速度を測定したところ、意外な結果となった。この測定データは炭素循環の解明を進める上で役立つだろう。

doi: 10.1038/416594b

免疫学:DNAが自己免疫を引き起こす

Immunology: DNA drives autoimmunity p.595

自己免疫疾患では、自身の免疫系による組織破壊が起こる。IgGは正常な血液の成分だが、IgGがDNAと複合体となっていることを免疫細胞が認識すると、自己免疫応答が引き起こされる。

doi: 10.1038/416595a

天文学:さまよえる彗星の再出現

Astronomy: The wanderer returns p.597

これから数週間にわたって北半球では池谷・張彗星を観察できる。この彗星が最後に地球上で観察されたのは、今からおそらく341年前で、彗星の周期としては、これまでに知られた中で最も長いものとなる。

doi: 10.1038/416597a

Article

免疫:クロマチン‐IgG複合体はIgMとToll様受容体との両方が関与する経路によりB細胞を活性化する

Chromatin?IgG complexes activate B cells by dual engagement of IgM and Toll-like receptors p.603

doi: 10.1038/416603a

Letters

物理:量子的な相転移の近くでの「もつれ」のスケーリング

Scaling of entanglement close to a quantum phase transition p.608

doi: 10.1038/416608a

物性:高Tc超伝導体の擬ギャップ状態における時間反転対称性の自発的崩壊

Spontaneous breaking of time-reversal symmetry in the pseudogap state of a high-Tc superconductor p.610

doi: 10.1038/416610a

材料:固体水素の320GPaまでの光学的研究と黒い水素の証拠

Optical studies of solid hydrogen to 320 GPa and evidence for black hydrogen p.613

doi: 10.1038/416613a

環境:大規模な熱帯の大気CO2発生源となるアマゾン水系の河川と湿地からの脱ガス

Outgassing from Amazonian rivers and wetlands as a large tropical source of atmospheric CO2 p.617

doi: 10.1038/416617a

地球:エルステッドおよびマグサット衛星データから推定される地球ダイナモの小規模構造

Small-scale structure of the geodynamo inferred from Oersted and Magsat satellite data p.620

doi: 10.1038/416620a

進化:ヒトおよび類人猿では雄においてDNA塩基配列の進化が強く推進される

Strong male-driven evolution of DNA sequences in humans and apes p.624

doi: 10.1038/416624a

生態:全地球気候変動シナリオの下でメキシコ動物相の将来を予測

Future projections for Mexican faunas under global climate change scenarios p.626

doi: 10.1038/416626a

気候:生態系を用いて弱い気候シグナルを引き出す

Extraction of a weak climatic signal by an ecosystem p.629

doi: 10.1038/416629a

Direct visuomotor transformations for reaching p.632

doi: 10.1038/416632a

医学:脊髄損傷後の機能回復を促進するコンドロイチナーゼABC

Chondroitinase ABC promotes functional recovery after spinal cord injury p.636

doi: 10.1038/416636a

TheDrosophila immune response against Gram-negative bacteria is mediated by a peptidoglycan recognition protein p.640

doi: 10.1038/nature734

Functional genomic analysis of phagocytosis and identification of a Drosophila receptor for E. coli p.644

doi: 10.1038/nature735

Deubiquitination of p53 by HAUSP is an important pathway for p53 stabilization p.648

doi: 10.1038/nature737

生化学:多様性志向合成と低分子マイクロアレイを用いたグルコースシグナル伝達経路の解析

Dissecting glucose signalling with diversity-oriented synthesis and small-molecule microarrays p.653

doi: 10.1038/416653a

生化学:タンパク質部分構造の「周期表」

A 'periodic table' for protein structures p.657

doi: 10.1038/416657a

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度