News & Views

がん再発を早期探知できる液体生検

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170830

原文:Nature (2017-05-25) | doi: 10.1038/545417a | Personalized test tracks cancer relapse

Alberto Bardelli

肺腫瘍の進化に関するゲノム情報が血液から得られることが実証され、がん再発の初期兆候の臨床モニタリングが可能なことが報告された。プレシジョン(高精度)医療への有望な一歩だ。

拡大する

Brilly/DigitalVision Vectors/Getty

腫瘍が転移の過程を経て原発部位から離れた部位に広がった場合の治療法は、組織学の手法による細胞診検査、もしくは腫瘍片のDNA塩基配列の解析をもとに判断するのが普通である。解析用の腫瘍片は、腫瘍の原発部位と思われる場所か、あるいは最も採取しやすい場所から得る。しかし、このやり方では、こうした悪性腫瘍に内在する遺伝的不均一性も、時間とともにゲノムをダイナミックに進化させるがんの能力も、正確に捉えることができない。つまり、がん患者は複数種類の治療を受けるが、それには数十年とまでいかなくても数年はかかるため、その患者の治療の根拠となったがん分子解析がその間に無効になっていることもあり得る。今回、Christopher Abboshら(Nature 2017年5月25日号446ページ1とMariam Jamal-Hanjaniら(The New England Journal of Medicine 2017年6月1日号2109ページ)2は、がん臨床研究プロジェクト「TRACERx」の結果について報告している。このプロジェクトは、個々の患者で肺腫瘍の経時的な進化動態を追跡し、詳細な遺伝的プロファイルを作成するために実施されたものだ。Abboshらは、そこから得られた解析結果をもとに、患者特異的な情報を用いて腫瘍摘出後の再発を探知できる検査法を開発した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度