News Feature

反物質研究の最前線

脚光を浴びるCERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の陰で、新しい物理学を模索する複数の実験チームがしのぎを削っている。

拡大する

MAXIMILIEN BRICE/CERN

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171125

原文:Nature (2017-08-03) | doi: 10.1038/548020a | The race to reveal antimatter’s secrets

Elizabeth Gibney

欧州原子核研究機構(CERN;スイス・ジュネーブ郊外)の実験棟の高い天井の下では、「宇宙で最も捉えがたい存在」の謎を解き明かそうと、6つの実験チームが競い合っている。お互いの距離は数mしか離れていない。場所によっては上下に重なっていることもある。彼らの頭上には、ショッピングセンターのエスカレーターのように交差する、金属材を支える重さ数トンのコンクリートの塊が迫っている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度