Research press release

【生態学】漁業の脅威にさらされているサメ

Nature

Ecology: Sharks under threat from fisheries

外洋性捕食魚類の象徴的存在であるサメの生息域の約4分の1で漁業が活発に行われており、これがサメの存続を脅かしている可能性があることを明らかにした論文が今週掲載される。この発見は、減少傾向にあると報告されている遠洋サメを保護するための保全活動が緊急に必要なことを示している。

遠洋性(外洋性)のサメは回遊性が高く、広大な海域を移動しており、そこには漁業水域も含まれている。大型の遠洋サメは、漁業によって捕獲されたことが確認されているサメ全体の約半数を占めている。漁獲量に関する漁業データは不完全なことがあるので、サメの生息域と商業漁業水域がどの程度重複しているのかを突き止めるのは困難だ。

今回、David Simsたちの研究グループは、人工衛星を用いて追跡した遠洋サメの動きと全世界の漁船団の動きを組み合わせて、全球的な空間利用の重複を評価した。Simsたちは、衛星発信機で標識した合計1681匹の大型の遠洋サメ(23種)を追跡し、漁船の動きは、安全と衝突防止のためのシステムによってモニタリングした。その結果、1か月平均で、サメが使用した空間の24%に遠洋延縄漁船の航跡が認められた。外洋でのサメ捕獲の大部分は遠洋延縄漁船によるものである。ホオジロザメやニシネズミザメなどの保護種が頻繁に回遊する海洋域では、遠洋延縄漁船団との重複度が高かった(約64%)。

これらの研究知見は、遠洋サメが漁船から避難する場所が限られていることを示している。Simsたちは、遠洋サメを保護するための保全活動が必要であり、サメが活動する水域の周辺に大規模な海洋保護区を設定することが1つの解決策になり得るという考えを示している。

Around one quarter of the habitats of oceanic sharks fall within active fishing zones, which may threaten these iconic ocean predators. This discovery, published in Nature, demonstrates an urgent need for conservation efforts to protect pelagic sharks, which reported to be in decline.

Pelagic (or oceanic) sharks are highly migratory, covering vast areas of the ocean - including areas targeted by fisheries. Large pelagic sharks account for around half of all identified shark catches from fisheries. The extent of habitat overlap with industrial fisheries has been difficult to determine, as data from fisheries about catch numbers can be incomplete.

Combining satellite-tracked movements of pelagic sharks and global fishing fleets, David Sims and colleagues provide a global estimate of space-use overlap. A total of 1,681 large pelagic sharks (23 species) tagged with satellite transmitters were followed, and fishing vessel movements were monitored by a safety and anti-collision system. Their results reveal that 24% of the space used by sharks in an average month falls under the footprint of pelagic longline fisheries, which are responsible for catching most sharks from the open ocean. Areas of ocean that are frequented by protected species, such as great white sharks and porbeagle sharks, had higher overlap with longline fleets (around 64%).

These findings indicate that pelagic sharks have limited places in which they can take refuge from fisheries. The authors suggest that conservation efforts are needed to protect these sharks, and that designated large-scale marine protected areas around regions of shark activity could be one solution.

doi: 10.1038/s41586-019-1444-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度