Nature Medicine 目次

Volume 24 Number 2

表紙について

C Kriegたちは黒色腫患者の血液に含まれる骨髄系細胞とリンパ系細胞の数百のサブセットを詳しく調べ、これらの細胞集団中の古典的単球の頻度が、PD-1阻害療法への応答に対する最も強力な予測因子の1つであることを明らかにした。表紙の画像は、ヒトのさまざまな種類の白血球および赤血球の走査電子顕微鏡写真を着色したもの。
画像提供:Dennis Kunkel Microscopy/Science Source
Article p. 144

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

◆NEWS FEATURE:春を迎える動物たち:さまざまな動物の春機発動期はヒトに何を教えてくれるのか

Animals on the verge: What different species can teach us about human puberty p.114

doi: 10.1038/nm0218-114

インドで避妊の普及に努める:ワクチン開発をあきらめなかった医師の40年

A shot at contraception: In India, a nonagenarian renews testing of a birth control vaccine p.118

doi: 10.1038/nm0218-118

News & Views

血友病の遺伝子治療の臨床試験が成功

Gene therapies for hemophilia hit the mark in clinical trials p.121

doi: 10.1038/nm.4492

抗PD-1免疫療法のバイオマーカー候補

A potential biomarker for anti-PD-1 immunotherapy p.123

doi: 10.1038/nm.4489

アカゲザルで効果があった新しい結核ワクチン

A new vaccine for tuberculosis in rhesus macaques p.124

doi: 10.1038/nm.4488

骨肉腫の肺転移で起こったエンハンサーの選択的変化

Selective enhancer changes in osteosarcoma lung metastasis p.126

doi: 10.1038/nm.4487

マクロファージと血小板は協力してDNAトラップを放出し、腎臓を損傷させる

Macrophages and platelets join forces to release kidney-damaging DNA traps p.128

doi: 10.1038/nm.4486

Letters

炎症:新生児では一過的に存在する骨髄由来抑制細胞が炎症の調節に不可欠である

Transitory presence of myeloid-derived suppressor cells in neonates is critical for control of inflammation p.224

doi: 10.1038/nm.4467

腎不全:血小板活性化によって促進されるマクロファージ細胞外トラップ形成は、横紋筋融解症によって誘発される急性腎障害の主要なメディエーターである

Macrophage extracellular trap formation promoted by platelet activation is a key mediator of rhabdomyolysis-induced acute kidney injury p.232

doi: 10.1038/nm.4462

造血幹細胞:黄体形成ホルモンの抑制は造血障害後の造血幹細胞回復を増強する

Suppression of luteinizing hormone enhances HSC recovery after hematopoietic injury p.239

doi: 10.1038/nm.4470

Articles

結核:アカゲザルでのサイトメガロウイルスを使ったワクチンによる結核予防

Prevention of tuberculosis in rhesus macaques by a cytomegalovirus-based vaccine p.130

doi: 10.1038/nm.4473

がん治療:高次元単一細胞解析は抗PD-1免疫療法に対する応答性を予測する

High-dimensional single-cell analysis predicts response to anti-PD-1 immunotherapy p.144

doi: 10.1038/nm.4466

がん治療:V140AをコードするECSITに頻発する変異は節外性NK/T細胞リンパ腫で過大な炎症を誘導し血球貪食症候群を促進する

Recurrent ECSIT mutation encoding V140A triggers hyperinflammation and promotes hemophagocytic syndrome in extranodal NK/T cell lymphoma p.154

doi: 10.1038/nm.4456

がん:遺伝的要因によって生じた免疫系の多様な状態は、異なる機構を介して腫瘍プログレッションに影響を及ぼす

Diverse genetic-driven immune landscapes dictate tumor progression through distinct mechanisms p.165

doi: 10.1038/nm.4463

がん:正の選択を受けたエンハンサーエレメントは骨肉腫細胞に転移能を与える

Positively selected enhancer elements endow osteosarcoma cells with metastatic competence p.176

doi: 10.1038/nm.4475

がん治療:がん治療に使うユビキチン活性化酵素低分子阻害剤

A small-molecule inhibitor of the ubiquitin activating enzyme for cancer treatment p.186

doi: 10.1038/nm.4474

がん治療:ASCT2に依存するグルタミン輸送の薬理学的阻害は前臨床モデルで抗腫瘍効果をもたらす

Pharmacological blockade of ASCT2-dependent glutamine transport leads to antitumor efficacy in preclinical models p.194

doi: 10.1038/nm.4464

がん治療:黒色種の不均一性をAXL抗体–薬剤複合体とBRAF/MEK阻害剤により協調的に標的とする

Cooperative targeting of melanoma heterogeneity with an AXL antibody-drug conjugate and BRAF/MEK inhibitors p.203

doi: 10.1038/nm.4472

NASH:脱ユビキチン化酵素cylindromatosisは非アルコール性脂肪性肝炎を軽減する

The deubiquitinating enzyme cylindromatosis mitigates nonalcoholic steatohepatitis p.213

doi: 10.1038/nm.4461

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度