今月号

Volume 26 Number 2

表紙について

希少がんは発生率が低く、患者は地理的に非常に広く分散しているため、研究が難しい。今回、C A Painterたちは、まれながんである血管肉腫と診断された、米国とカナダ全域の患者と研究者をソーシャルメディアを使って結び付け、研究のパートナーとなってもらう患者参画研究(patient-partnered research)の枠組みについて報告している。表紙イラストは、こうした独創的な試みが患者の研究への参加を可能にし、研究を加速していく状況を表している。



イメージ:Erin Gwozdz
表紙デザイン: Erin Dewalt


目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

新型コロナウイルスSARS-CoV-2は、国際的な情報交換、協力と連携によってストップできる

Communication, collaboration and cooperation can stop the 2019 coronavirus p.151

doi: 10.1038/s41591-020-0775-x

News Feature

医師の幇助による安楽死がもたらす新たな問題

Medical euthanasia brings new questions for researchers p.152

doi: 10.1038/s41591-019-0696-8

News & Views

科学と社会:希少がん研究のための患者と研究者のパートナーシップ

A patient–researcher partnership for rare cancer research p.164

doi: 10.1038/s41591-020-0766-y

神経学:グルタミン酸作動性シナプスを可視化する

Imaging the glutamate synapse p.165

doi: 10.1038/s41591-020-0760-4

精密医療:重篤な薬物有害反応に対する精密医療を基盤とする戦略

A precision medicine–based strategy for a severe adverse drug reaction p.167

doi: 10.1038/s41591-020-0756-0

がん治療:KRASG12C阻害剤を脅かす耐性

Resistance looms for KRASG12C inhibitors p.169

doi: 10.1038/s41591-020-0765-z

Perspective

がん免疫療法:単一細胞ゲノミクスによる次世代免疫療法の開発

Single-cell genomic approaches for developing the next generation of immunotherapies p.171

doi: 10.1038/s41591-019-0736-4

Letters

血管肉腫:血管肉腫プロジェクトでは患者参画研究の実施によって希少がんでのゲノミクス研究や臨床研究での発見が可能となった

The Angiosarcoma Project: enabling genomic and clinical discoveries in a rare cancer through patient-partnered research p.181

doi: 10.1038/s41591-019-0749-z

がん:低読み取り深度の腫瘍RNA塩基配列解読によるがんの予後予測

Cancer prognosis with shallow tumor RNA sequencing p.188

doi: 10.1038/s41591-019-0729-3

がん免疫療法:転移性黒色腫患者での免疫チェックポイント阻害に対する持続的応答に関連する末梢CD8+ T細胞の特徴

Peripheral CD8+ T cell characteristics associated with durable responses to immune checkpoint blockade in patients with metastatic melanoma p.193

doi: 10.1038/s41591-019-0734-6

遺伝子治療:X連鎖慢性肉芽腫症に対するレンチウイルスを用いる遺伝子治療

Lentiviral gene therapy for X-linked chronic granulomatous disease p.200

doi: 10.1038/s41591-019-0735-5

遺伝子治療:デュシェンヌ型筋ジストロフィーのブタおよびヒトモデルでの骨格筋および心筋の障害の体細胞遺伝子編集による緩和

Somatic gene editing ameliorates skeletal and cardiac muscle failure in pig and human models of Duchenne muscular dystrophy p.207

doi: 10.1038/s41591-019-0738-2

嚢胞性繊維症:嚢胞性繊維症の幼児の糞便に見られるディスバイオーシスは初期の線形成長不全と関連する

Fecal dysbiosis in infants with cystic fibrosis is associated with early linear growth failure p.215

doi: 10.1038/s41591-019-0714-x

HIV/bNAb:抗HIV-1抗体併用治療はウイルス特異的T細胞免疫の増強と関連する

Combination anti-HIV-1 antibody therapy is associated with increased virus-specific T cell immunity p.222

doi: 10.1038/s41591-019-0747-1

ジカウイルスワクチン:デング熱既感染者であるドナーでのジカワクチン接種によって誘導されたジカウイルスとデングウイルスの両方に反応する強力な交差中和抗体

Potent Zika and dengue cross-neutralizing antibodies induced by Zika vaccination in a dengue-experienced donor p.228

doi: 10.1038/s41591-019-0746-2

薬剤性過敏症:薬剤性過敏症症候群における単一細胞のトランスクリプトーム解析から導き出された標的化療法(症例報告)

Targeted therapy guided by single-cell transcriptomic analysis in drug-induced hypersensitivity syndrome: a case report p.236

doi: 10.1038/s41591-019-0733-7

繊毛病:ヒト繊毛病から明らかになった、NEK10が気道粘膜繊毛クリアランスに担う不可欠な機能

A human ciliopathy reveals essential functions for NEK10 in airway mucociliary clearance p.244

doi: 10.1038/s41591-019-0730-x

Articles

性ホルモン:男性と女性でのテストステロンの疾患への影響をヒトの遺伝学によって解明する

Using human genetics to understand the disease impacts of testosterone in men and women p.252

doi: 10.1038/s41591-020-0751-5

がん:肺がん転移での再生細胞系列と免疫を介した刈り込み

Regenerative lineages and immune-mediated pruning in lung cancer metastasis p.259

doi: 10.1038/s41591-019-0750-6

がん免疫療法:完全ヒト型結合ドメインを持つ抗CD19 CAR T細胞のB細胞リンパ腫患者での安全性と実行可能性

Safety and feasibility of anti-CD19 CAR T cells with fully human binding domains in patients with B-cell lymphoma p.270

doi: 10.1038/s41591-019-0737-3

AMPA受容体/PET画像可視化:ヒト生体脳中のAMPA受容体の陽電子放出断層撮影による可視化

Visualization of AMPA receptors in living human brain with positron emission tomography p.281

doi: 10.1038/s41591-019-0723-9

パーキンソン病:若年発症性パーキンソン病のiPSCモデル作製により明らかになった疾患の分子シグネチャーと新規治療候補

iPSC modeling of young-onset Parkinson’s disease reveals a molecular signature of disease and novel therapeutic candidates p.289

doi: 10.1038/s41591-019-0739-1

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度