目次

Volume 22 Number 5

表紙について

角家健(北海道大学)たちは、多能性神経前駆細胞をマウス脊髄の損傷部位に移植し、皮質脊髄軸索の再生を観察した。表紙は、神経前駆細胞移植片の尾側に生じた損傷に反応して、皮質脊髄路の軸索が、皮質脊髄路のちょうど背面側に位置する移植片の内部へと分岐する様子を示している。画像提供:角家健。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

面目を保つには:顔面に大きな損傷を被った患者は、顔面移植に成功した場合でも、拒絶反応を防止するために免疫抑制薬を一生飲み続けなくてはならない。日和見感染や腎不全などの重い副作用の恐れがある免疫抑制薬に代わる方法が、さまざまな角度から模索されている

Saving face: The search for alternatives to life-long immunosuppression for face transplants p.448

doi: 10.1038/nm0516-448

毒性を予想する:米国食品医薬品局(FDA)が2014年に認可したC型肝炎治療薬に重篤な副作用が報告されて以来、数理モデルやアルゴリズム、あるいは三次元オルガノイドなどを使って薬剤による肝障害のリスクを予測する研究がFDAと製薬企業の両方で盛んに行われるようになった

Foretelling toxicity: FDA researchers work to predict risk of liver injury from drugs p.450

doi: 10.1038/nm0516-450

タンパク質を構築するだけの酵素じゃない:tRNAシンテターゼはスイス・アーミーナイフそこのけの多能性を持っていて、翻訳以外の分野、例えばジストロフィーや遺伝性ニューロパチーなどの治療薬として働く可能性が関心を集めている

Beyond building proteins: tRNA synthetases outside of translation p.452

doi: 10.1038/nm0516-452

特選T細胞:研究者たちはがんの免疫療法で使うのに適したT細胞を選び出すのに、それぞれ独自の考え方に基づいてさまざまな工夫を凝らしている

Prime pick: Researchers get selective about T cells for cancer therapy p.456

doi: 10.1038/nm0516-456

News & Views

心毒性を培養細胞でチェック:個別化治療のための新しい手掛かり

Cardiotoxicity in a dish: new insights for personalized therapy p.459

doi: 10.1038/nm.4095

破骨細胞の骨吸収を調節するループ機構

Closing the loop on the bone-resorbing osteoclast p.460

doi: 10.1038/nm.4104

間質の硬化は膵がんの悪性度に影響を与える

Regulation of pancreatic cancer aggressiveness by stromal stiffening p.462

doi: 10.1038/nm.4099

Perspectives

がんゲノム:がんゲノムデータを責任を持って有効に共有する文化を育む

Facilitating a culture of responsible and effective sharing of cancer genome data p.464

doi: 10.1038/nm.4089

がん:がん遺伝子によって発症した固形がんでの残存病変の理解と標的化の枠組み

A framework for understanding and targeting residual disease in oncogene-driven solid cancers p.472

doi: 10.1038/nm.4091

Letters

がん化学療法:ヒト誘導多能性幹細胞由来心筋細胞はドキソルビシン誘導性の心毒性に対する乳がん患者の罹患傾向を再現する

Human induced pluripotent stem cell–derived cardiomyocytes recapitulate the predilection of breast cancer patients to doxorubicin-induced cardiotoxicity p.547

doi: 10.1038/nm.4087

肝疾患:マウスでRNA干渉によって誘発される肝毒性は、マイクロRNA122の最初に合成されたアイソフォームの喪失から生じる

RNA interference–induced hepatotoxicity results from loss of the first synthesized isoform of microRNA-122 in mice p.557

doi: 10.1038/nm.4079

感染症:新規な細菌プロテアーゼによるBacteroides fragilis毒素の活性化はマウスでの嫌気性菌による敗血症に関わっている

Activation of Bacteroides fragilis toxin by a novel bacterial protease contributes to anaerobic sepsis in mice p.563

doi: 10.1038/nm.4077

Articles

再生医療:同質の神経組織移植による脊髄再構築は皮質脊髄路の旺盛な再生を引き起こす

Spinal cord reconstitution with homologous neural grafts enables robust corticospinal regeneration p.479

doi: 10.1038/nm.4066

がん:RORγはアンドロゲン受容体の発現を促進し、去勢抵抗性前立腺がんの治療標的となる

ROR-γ drives androgen receptor expression and represents a therapeutic target in castration-resistant prostate cancer p.488

doi: 10.1038/nm.4070

がん:膵管腺がん組織の張力調節によって細胞外マトリックスの繊維化と腫瘍プログレッションを誘起する遺伝子型

Genotype tunes pancreatic ductal adenocarcinoma tissue tension to induce matricellular fibrosis and tumor progression p.497

doi: 10.1038/nm.4082

がん:上皮のカルシニューリンは微生物相に依存する腸腫瘍発生を制御する

Epithelial calcineurin controls microbiota-dependent intestinal tumor development p.506

doi: 10.1038/nm.4072

脳卒中:共生微生物相は腸のγδT細胞の調節により虚血性発作の転帰に影響を与える

Commensal microbiota affects ischemic stroke outcome by regulating intestinal γδ T cells p.516

doi: 10.1038/nm.4068

ワクチン:Nod2を介した微生物相の認識はコレラ毒素の粘膜アジュバント活性に不可欠である

Nod2-mediated recognition of the microbiota is critical for mucosal adjuvant activity of cholera toxin p.524

doi: 10.1038/nm.4075

結核:ヒト結核性肉芽腫での炎症性シグナル伝達は空間的に組織化されている

Inflammatory signaling in human tuberculosis granulomas is spatially organized p.531

doi: 10.1038/nm.4073

骨代謝:LGR4はRANKLの受容体で破骨細胞分化と骨吸収を負に調節する

LGR4 is a receptor for RANKL and negatively regulates osteoclast differentiation and bone resorption p.539

doi: 10.1038/nm.4076

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度