Nature Medicine 目次

Volume 22 Number 6

表紙について

がん性悪液質に陥ると、過剰な脂肪酸酸化によって筋管細胞のミトコンドリアで酸化ストレスが高まることを、Fukawaたちが明らかにした。この酸化ストレスがp38 MAPKの活性化、筋細胞の増殖抑制と体積減少、筋萎縮につながる。表紙は、萎縮を起こしている骨格筋筋管の位相差顕微鏡による3D画像を細胞の高さに応じて疑似カラー化処理したもの。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

News

米国の大学からの代表団派遣で米国とキューバの科学研究協力に道が開けそうだが、NIHの研究費が渡航に使えないなど、問題はまだ多い

Delegation paves way for US–Cuba research collaborations p.569

doi: 10.1038/nm0616-569

治療法の開発が難しい自閉症スペクトラムで、治療に対する反応を追跡するための客観的かつ定量的測定法など、新たな手法の開発が試みられている

New efforts to design better tools to track autism therapy response p.570

doi: 10.1038/nm0616-570

残業に鵜の目鷹の目

Overtime under the microscope: Universities prep for impact of new labor rule on labs p.572

doi: 10.1038/nm0616-572

OPINION:政府のヘルスケアプログラムのために薬価を抑えるにはバイ・ドール法を使え

Use the Bayh-Dole Act to lower drug prices for government healthcare programs p.576

doi: 10.1038/nm0616-576

News & Views

HIV-1の免疫回避は有効なワクチン開発への脅威となる?

HIV-1 immune evasion—a threat to effective vaccines? p.580

doi: 10.1038/nm.4119

微生物の代謝産物で炎症を調節する

Regulating inflammation with microbial metabolites p.581

doi: 10.1038/nm.4117

統合失調症リスクと関連する遺伝子座から統合失調症関連遺伝子へ

From schizophrenia risk locus to schizophrenia genes p.583

doi: 10.1038/nm.4122

悪液質の最初の兆候は脂肪酸代謝の変化

Fatty acid metabolism—the first trigger for cachexia? p.584

doi: 10.1038/nm.4121

Letters

白血病:スプライソソームタンパク質をコードする遺伝子に変異がある白血病の治療のためのスプライシング触媒作用の調整

Modulation of splicing catalysis for therapeutic targeting of leukemia with mutations in genes encoding spliceosomal proteins p.672

doi: 10.1038/nm.4097

がん:FOXP3+CD4+ T細胞の2つの亜集団は大腸がんの予後に異なる影響を及ぼす

Two FOXP3+CD4+ T cell subpopulations distinctly control the prognosis of colorectal cancers p.679

doi: 10.1038/nm.4086

Articles

炎症:I型インターフェロンとトリプトファンの微生物代謝産物は芳香族炭化水素受容体を介してアストロサイト活性と中枢神経系炎症を調節する

Type I interferons and microbial metabolites of tryptophan modulate astrocyte activity and central nervous system inflammation via the aryl hydrocarbon receptor p.586

doi: 10.1038/nm.4106

炎症:CARD9は腸内微生物相によるトリプトファンの芳香族炭化水素受容体リガンドへの代謝を変化させることで大腸炎に影響を及ぼす

CARD9 impacts colitis by altering gut microbiota metabolism of tryptophan into aryl hydrocarbon receptor ligands p.598

doi: 10.1038/nm.4102

マラリア:PfSPZワクチン接種後1年の時点でのマラリア防御と免疫相関要因

Protection against malaria at 1 year and immune correlates following PfSPZ vaccination p.614

doi: 10.1038/nm.4110

がん:EGFR特異的抗体セツキシマブと化学療法の併用は免疫原性細胞死を引き起こす

The EGFR-specific antibody cetuximab combined with chemotherapy triggers immunogenic cell death p.624

doi: 10.1038/nm.4078

がん:発がん性Ezh2変異はヒストン3リシン27トリメチル化の大規模な再編により腫瘍を誘導する

An oncogenic Ezh2 mutation induces tumors through global redistribution of histone 3 lysine 27 trimethylation p.632

doi: 10.1038/nm.4092

精神神経疾患:側頭葉てんかんでは発作間てんかん型放電が海馬−皮質間の連結を誘導する

Interictal epileptiform discharges induce hippocampal–cortical coupling in temporal lobe epilepsy p.641

doi: 10.1038/nm.4084

精神神経疾患:ヒト特異的なAS3MTアイソフォームとBORCS7は10q24.32の統合失調症関連座位中のリスク因子である

A human-specific AS3MT isoform and BORCS7 are molecular risk factors in the 10q24.32 schizophrenia-associated locus p.649

doi: 10.1038/nm.4096

動脈硬化:多能性維持に関連する転写因子OCT4の平滑筋細胞における活性化はアテローム形成を抑制する

Activation of the pluripotency factor OCT4 in smooth muscle cells is atheroprotective p.657

doi: 10.1038/nm.4109

Technical Report

がん:固定した臨床組織からのクロマチン免疫沈降では腫瘍特異的エンハンサーのプロファイルが明らかになる

Chromatin immunoprecipitation from fixed clinical tissues reveals tumor-specific enhancer profiles p.685

doi: 10.1038/nm.4085

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度