目次

Volume 22 Number 11

表紙について

精神疾患の研究には、医学の他の分野に比べて、生物学的、技術的、臨床的に独特の難しさがあり、また倫理面や規制の面でも難問が多い。ここ数十年間、新しい治療法の開発の努力は低調になり、また精神疾患の原因の解明も進んでいない。今月号では、Nature Neuroscienceとの共同企画として精神疾患を特集し、精神衛生の基礎的および臨床的研究に見られる最近の進歩と、まだ解決されていない主要な難問を取り上げた。表紙は、ドイツのハノーバーにあるヘレンハウゼン庭園をイメージしている。ハノーバーでは、2016年5月にNature MedicineNature Neuroscienceとフォルクスワーゲン財団がシンポジウムを開催し、精神医学研究の第一人者たちが参加して、この分野で未解決の諸問題について討論が行われた。

表紙画像:Lewis Long

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorials

News

がんの変身:一部の腫瘍細胞は表現型を変えて治療介入を回避している。がん細胞の表現型の可塑性は一方通行でなく、さまざまな変身を可能にしているのだが、その仕組みの解明が始まっている。

Shapeshifters in cancer: How some tumor cells change phenotype to evade therapy p.1194

doi: 10.1038/nm1116-1194

古いものを新しく:スーパー耐性菌の広がりを懸念する米国政府と製薬業界は、この10年間で10億ドル以上を新規抗生物質の開発に注ぎ込んでいる。全く新しいものを探すのではなく、既知の抗生物質を手直ししたり、性能を強化するような化合物と連結したりして耐性菌に効果があるようにできれば、開発にかかる時間は大幅に短縮されるだろう。この30年間に新種の抗生物質で認可されたものがないという事実を考えれば、こうした手法に関心が集まるのは当然といえる。

What's old is new: Reconfiguring known antibiotics to fight drug resistance p.1197

doi: 10.1038/nm1116-1197

新しい動物モデル:遺伝子編集の急発展が、霊長類を使った研究の将来を変えようとしている。マウスでは再現されないヒト表現型が部分的にでも再現される霊長類モデルも遺伝子編集によってすでに得られており、次はCRISPR-Cas9によって大型動物モデルで実際の疾患を再現できるのではないかと期待されている。

New models: Gene-editing boom means changing landscape for primate work p.1200

doi: 10.1038/nm1116-1200

News & Views

iPSC由来のミクログリアを使って神経疾患の治療手段を増やす

Increasing the neurological-disease toolbox using iPSC-derived microglia p.1206

doi: 10.1038/nm.4226

カスパーゼ-2とタウは毒性をもたらすパートナー?

Caspase-2 and tau—a toxic partnership? p.1207

doi: 10.1038/nm.4227

血管新生を伴わない薬剤耐性機構を標的にして肝転移の治療効果を上げる

Improving treatment of liver metastases by targeting nonangiogenic mechanisms p.1209

doi: 10.1038/nm.4228

突発性肺繊維症に見られる自然免疫シグナル伝達と幹細胞再生

Innate immune signaling and stem cell renewal in idiopathic pulmonary fibrosis p.1210

doi: 10.1038/nm.4230

Perspectives

精神疾患の遺伝学的性質の共有性が及ぼす影響

The implications of the shared genetics of psychiatric disorders p.1214

doi: 10.1038/nm.4196

神経精神疾患のモデルとしてのヒト脳オルガノイドの将来性と問題点

The promises and challenges of human brain organoids as models of neuropsychiatric disease p.1220

doi: 10.1038/nm.4214

脳の発達のタイミングと精神疾患の治療に重要な期間

Developmental timing and critical windows for the treatment of psychiatric disorders p.1229

doi: 10.1038/nm.4225

神経精神疾患と成体での神経発生調節異常とのつながりを再評価する

Re-evaluating the link between neuropsychiatric disorders and dysregulated adult neurogenesis p.1239

doi: 10.1038/nm.4218

精神疾患における画像化バイオマーカーの探索

The search for imaging biomarkers in psychiatric disorders p.1248

doi: 10.1038/nm.4190

Brief Communication

ジカウイルス感染症:妊娠中の非ヒト霊長類でのジカウイルス皮下接種後に見られた胎児脳損傷

Fetal brain lesions after subcutaneous inoculation of Zika virus in a pregnant nonhuman primate p.1256

doi: 10.1038/nm.4193

Letters

がん治療:頻発性のMET融合遺伝子は小児膠芽腫で薬剤標的となる

Recurrent MET fusion genes represent a drug target in pediatric glioblastoma p.1314

doi: 10.1038/nm.4204

がん治療:PIM1キナーゼ阻害はMYC発現の上昇したトリプルネガティブ乳がんに対する標的療法となる

PIM1 kinase inhibition as a targeted therapy against triple-negative breast tumors with elevated MYC expression p.1321

doi: 10.1038/nm.4213

微生物学:食餌由来の亜鉛は細菌相を変化させ、Clostridium difficile感染に対する抵抗性を低下させる

Dietary zinc alters the microbiota and decreases resistance to Clostridium difficile infection p.1330

doi: 10.1038/nm.4174

脳損傷:外傷性脳損傷で一酸化炭素が周皮細胞と神経発生に及ぼす2つの影響

Dual effects of carbon monoxide on pericytes and neurogenesis in traumatic brain injury p.1335

doi: 10.1038/nm.4188

Articles

HIV:HIV-1広範囲中和抗体誘導の決定因子

Determinants of HIV-1 broadly neutralizing antibody induction p.1260

doi: 10.1038/nm.4187

神経変性疾患:カスパーゼ-2によるタウ切断は記憶を可逆的に障害する

Caspase-2 cleavage of tau reversibly impairs memory p.1268

doi: 10.1038/nm.4199

感染症:脳卒中後感染で見られた共生細菌の移行と播種

Translocation and dissemination of commensal bacteria in post-stroke infection p.1277

doi: 10.1038/nm.4194

肺疾患:ヒアルロナンとTLR4は、マウスでサーファクタントタンパク質C陽性肺胞前駆細胞の再生を促し、重篤な肺繊維化を防止する

Hyaluronan and TLR4 promote surfactant-protein-C-positive alveolar progenitor cell renewal and prevent severe pulmonary fibrosis in mice p.1285

doi: 10.1038/nm.4192

がん治療:肝転移における血管新生阻害療法への耐性は血管吸収により生じる

Vessel co-option mediates resistance to anti-angiogenic therapy in liver metastases p.1294

doi: 10.1038/nm.4197

がん治療:PIM1キナーゼはトリプルネガティブ乳がんで細胞死、腫瘍増殖、化学療法応答性を調節している

PIM1 kinase regulates cell death, tumor growth and chemotherapy response in triple-negative breast cancer p.1303

doi: 10.1038/nm.4198

Analysis

がん:18種類のがんで調べたマイクロサテライト不安定性の分類と特性

Classification and characterization of microsatellite instability across 18 cancer types p.1342

doi: 10.1038/nm.4191

Technical Reports

がん:ヒト化マウスにおける前がん性形質細胞および悪性形質細胞の微小環境依存的な増殖

Microenvironment-dependent growth of preneoplastic and malignant plasma cells in humanized mice p.1351

doi: 10.1038/nm.4202

ミクログリア:ヒト多能性幹細胞からのミクログリア様細胞の効率のよい誘導

Efficient derivation of microglia-like cells from human pluripotent stem cells p.1358

doi: 10.1038/nm.4189

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度