Nature Medicine 目次

Volume 22 Number 10

表紙について

M Xuたちは6,000以上の化合物のスクリーニングを行い、ジカウイルスに感染した神経細胞の細胞死を抑制する神経保護効果のある化合物と抗ウイルス化合物を見つけ出した。表紙イラストは、薬剤の効果と毒性の検証に使われた脳オルガノイドの一部である。このオルガノイドのところどころに発現しているGFP標識は、放射状グリアの形態をもつ神経幹細胞とその子孫である神経細胞の位置を明らかにしている。核は青色で、ニューロンの核は赤色で示されている。

ARTICLE p. 1101 画像提供:Xuyu Qian and Guo-li Ming

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorials

News

「二十日鼠と人間」と相互作用:心臓疾患の遺伝的リスクのような複雑な遺伝形質を研究するための新たな方法として、遺伝的多様性のあるマウスモデルが使われるようになってきた。この方法は、システム中の各要素をつないでいくことで全体像を把握するという考え方に基づいている。

Of mice and interaction: A new way to investigate complex genetic traits p.1065

doi: 10.1038/nm1016-1065

不完全な画像:脳内のアミロイド以外の分子もPETで画像化することで、アルツハイマー病が発症する前の脳内の変化が明らかにされつつある。これにより発症に至る機序の研究が進展している

Picture imperfect: Going beyond imaging amyloid in Alzheimer's disease p.1067

doi: 10.1038/nm1016-1067

耐性のリザーバー:新規な抗生物質はなかなか見つからず、耐性菌が増える一方という状況下で、抗生物質が効かない理由の解明は重要な課題である。生物が持つ抗生物質耐性遺伝子の総体である「レジストーム(resistome)」の詳細な遺伝学的研究が進められるようになり、耐性遺伝子の移動やプラスミドによる耐性伝達などの耐性の広がる機序が調べられている。

Reservoirs of resistance: To understand why antibiotics fail, geneticists chase the 'resistome' p.1069

doi: 10.1038/nm1016-1069

News & Views

マウスで脂肪酸合成を阻害すると肺腫瘍の増殖が低減する

Blocking fatty acid synthesis reduces lung tumor growth in mice p.1077

doi: 10.1038/nm.4195

Brief Communication

結核:2-デオキシ-2-[18F]フルオロ-D-グルコースを用いる陽電子放射断層撮影・コンピューター断層撮影(PET-CT)法によるHIV関連進行性結核の特徴付け

Characterization of progressive HIV-associated tuberculosis using 2-deoxy-2-[18F]fluoro-D-glucose positron emission and computed tomography p.1090

doi: 10.1038/nm.4161

Letters

がん:HAUSPは神経芽細胞腫でN-Mycを脱ユビキチン化して安定化する

HAUSP deubiquitinates and stabilizes N-Myc in neuroblastoma p.1180

doi: 10.1038/nm.4180

免疫:新生児の腸内細菌相は小児期の多重抗原感作性のアトピーおよびT細胞分化と関連する

Neonatal gut microbiota associates with childhood multisensitized atopy and T cell differentiation p.1187

doi: 10.1038/nm.4176

Articles

結核:陽電子放射断層撮影法によって明らかになった結核治癒後の病変部での活動性持続と結核菌mRNAの存続

Persisting positron emission tomography lesion activity and Mycobacterium tuberculosis mRNA after tuberculosis cure p.1094

doi: 10.1038/nm.4177

ジカウイルス感染症:再活用目的での薬剤スクリーニングにより見つかった、ジカウイルス感染とそれによって誘導される神経細胞死を阻害する低分子薬

Identification of small-molecule inhibitors of Zika virus infection and induced neural cell death via a drug repurposing screen p.1101

doi: 10.1038/nm.4184

がん:アセチルCoAカルボキシラーゼの阻害は前臨床モデルで脂肪酸合成と非小細胞肺がんの腫瘍増殖を抑制する

Inhibition of acetyl-CoA carboxylase suppresses fatty acid synthesis and tumor growth of non-small-cell lung cancer in preclinical models p.1108

doi: 10.1038/nm.4181

がん:AMP活性化型プロテインキナーゼ安定化ペプチドはマウスでがん悪液質における脂肪組織の消耗を軽減する

An AMP-activated protein kinase–stabilizing peptide ameliorates adipose tissue wasting in cancer cachexia in mice p.1120

doi: 10.1038/nm.4171

心疾患:長鎖ノンコーディングRNA Chaerは心肥大におけるエピジェネティックなチェックポイントを規定する

The long noncoding RNA Chaer defines an epigenetic checkpoint in cardiac hypertrophy p.1131

doi: 10.1038/nm.4179

アテローム性動脈硬化症:アデノシンをイノシンに替えるRNA編集は、HuRを介した転写後調節を可能にすることでアテローム性動脈硬化におけるカテプシンS発現を制御する

Adenosine-to-inosine RNA editing controls cathepsin S expression in atherosclerosis by enabling HuR-mediated post-transcriptional regulation p.1140

doi: 10.1038/nm.4172

高血圧:頸動脈小体のプリン作動性受容体は高血圧症管理のための新たな薬剤標的である

Purinergic receptors in the carotid body as a new drug target for controlling hypertension p.1151

doi: 10.1038/nm.4173

骨折修復:移植片由来のマグネシウムはラットで局所神経からのCGRP産生を誘導し、骨折の治癒を改善する

Implant-derived magnesium induces local neuronal production of CGRP to improve bone-fracture healing in rats p.1160

doi: 10.1038/nm.4162

SSRI:セロトニン再取り込み阻害薬はマウスで局所的な抗吸収効果を無効にすることにより骨量減少を引き起こす

Serotonin-reuptake inhibitors act centrally to cause bone loss in mice by counteracting a local anti-resorptive effect p.1170

doi: 10.1038/nm.4166

Review

微生物学:腸内微生物相から離れた器官への、生理的状態および病的状態におけるシグナル伝達

Signals from the gut microbiota to distant organs in physiology and disease p.1079

doi: 10.1038/nm.4185

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度