目次

Volume 8 Number 32011年3月号

新しい乳がん治療薬が承認!

米国食品医薬品局(FDA)が昨年秋に承認した乳がん治療薬エリブリン(商品名ハラヴェン)が、天然物合成化学の威力を再認識させている。日本のエーザイ(株)が申請していたエリブリンは、もともと、海綿動物クロイソカイメンから単離されたハリコンドリンBが出発点であり、その全合成を成し遂げたのがハーバード大学の岸義人名誉教授らだ。

目次

Editorials

曲がり角に立つシンガポールの科学

曲がり角に立つシンガポールの科学

シンガポールの自信が不安に変わった。経済不況で研究助成金に見返りが求められるようになり、著名な科学者が逃げ出し始めたのだ。

ヨーロッパの電力系統整備

ヨーロッパの電力系統整備

ヨーロッパ各国が、空前絶後の電力系統整備に取りかかることになった。その真剣な姿勢を民間部門に確信させるため、各国は、今以上に行動する必要がある。

Research Highlights

ハジラミのカムフラージュ

ハジラミのカムフラージュ

鳥に寄生するハジラミは、羽毛の色と自分の体色が似るように進化することで、宿主に見つかる可能性を減らしているらしい。

News

翼の折れたペンギンたち

翼の折れたペンギンたち

ペンギンの研究調査のために翼に装着した「翼帯」は、生存率を著しく低下させ、研究結果をも歪めてしまうおそれがある。

ホッキョクグマ — 生き残りのために

ホッキョクグマ — 生き残りのために

ホッキョクグマは今後もおそらく存続する海氷の上で生き残れるだろう。ただし、温室効果ガスの削減を行い、石油流出や汚染から海氷を守る必要がある。

ケプラー、系外地球型惑星を発見

ケプラー、系外地球型惑星を発見

宇宙望遠鏡ケプラーの観測から、これまでで最も小さい地球型太陽系外惑星が発見され、真に地球に似た惑星の探索に弾みが。

カイメン由来の乳がん治療薬が承認へ

カイメン由来の乳がん治療薬が承認へ

海綿動物から抗がん物質ハリコンドリンBが見つかって二十余年。その鏡像異性体の多さのゆえ実用化が困難であったが、研究者のたゆみない努力により、ようやく新薬として承認にこぎつけた。

汝の隣人を愛せ

汝の隣人を愛せ

共同研究者間の距離が近いほど、論文の引用回数が多くなることがわかった。

ゲノムブロガーの登場

ゲノムブロガーの登場

バイオインフォマティクスの愛好家が、ルーツ(自分の先祖の出身)さがしを深化させている。

物議をかもす臨床試験

物議をかもす臨床試験

ノーベル賞受賞者のモンタニエ博士が、自閉症と感染症との関連を検証しようとしている。

二重投稿に対する規制の厳格化

二重投稿に対する規制の厳格化

技術の進歩で二重投稿の発見は容易になったが、不正行為に対する各国の対応は統一されていない。

ドイツ発、肝臓プロジェクト

ドイツ発、肝臓プロジェクト

生物学者と物理学者が手を組み、ヒトの肝臓の機能をあらゆるスケールで解明し、総合的に理解しようとしている。

News Features

未来のお肉?

未来のお肉?

人工食肉の作製に全力で取り組んでいる研究者たちがいる。彼らは、人工肉を食べることが当たり前になる日が来ると確信しているようだ。だがそのためには、培養筋細胞を鍛えて肥大させるという難問がある。

新・細菌論

新・細菌論

1種の細菌単独ではなく、異種細菌の集団として細菌をとらえる試みが始まった。極限環境に棲む微生物の研究者の助けを借りて、ヒトの腸内細菌叢と病気の関係に迫る医学微生物学者も登場してきた。

Japanese Author

線虫の「匂いの好み」に フェロモンが関与していた (飯野 雄一)

線虫の「匂いの好み」に フェロモンが関与していた (飯野 雄一)

体長1ミリほどのひものような体をした線虫。古くより、発生学や神経科学、遺伝学などの研究材料とされ、その細胞系譜や神経系、全ゲノムが完全に明らかにされてきた。さらに、味物質(無機塩類)や匂い物質(揮発性有機化合物)に対する走性を利用することで、記憶や学習の研究にも用いられている。今回、東京大学の飯野雄一教授は、匂いの好みに関する走性が、線虫の各個体から分泌されるフェロモンによって制御されていることを突き止めた。

Comment

フランシス・クリックの手紙(下)

フランシス・クリックの手紙(下)

「クリックの手紙」と題してお伝えしてきたこのシリーズも、今回が最終回。DNAの二重らせんモデルを発表し、一躍生物学界の大スターとなったフランシス・クリック。彼にとって、二重らせんモデルはどういうものだったのだろうか。今回見つかった書簡から、皆さんは何を感じるだろうか。

News & Views

デニソワ人が語る人類祖先のクロニクル

デニソワ人が語る人類祖先のクロニクル

デニソワ洞穴(シベリア)で発見された4万年前の遺骨から古代の核DNAが回収され、分析された。その結果は、アフリカを離れた現生人類集団が多方面で別のホモ属と接触を持っていたことを示唆するものだった。

奇妙な三角関係にある天の川銀河

奇妙な三角関係にある天の川銀河

大小マゼラン雲は、私たちが住む銀河である天の川銀河(銀河系)のかなり近くにある。この2つの銀河が天の川銀河に合流したのは、かなり最近のことなのかもしれない。これら3つの銀河は、大小マゼラン雲の光度という点でも、また大小マゼラン雲の天の川銀河への近さという点でも、宇宙の大部分の銀河集団と著しく異なっていることがわかった。

Nature Highlights

Nature 2011年1/6〜1/27号のハイライトを掲載しています。

2011年1月6日号

2011年1月13日号

2011年1月20日号

2011年1月27日号

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度