Nature ハイライト

構造生物学:MCUの多様な構造

Nature 559, 7715

ミトコンドリアは、ミトコンドリアカルシウム単輸送体(MCU)を介して、環境中から大量のCa2+を取り込む。ヒトのMCUは、中央にCa2+選択性のチャネルを持つ多タンパク質複合体で、ミトコンドリア内膜に存在している。MCUの配列には、他の陽イオンチャネルとの明確な相同性がなく、これまでの構造データからは、ホモ五量体を形成していると考えられていた。今回、菌類のMCUのX線構造とクライオ(極低温)電子顕微鏡構造が3つの研究グループから報告され、他のチャネルとは異なるCa2+透過経路と二回転対称のN末端ドメインを持つホモ四量体であることが明らかになった。報告された構造データと生化学データから、チャネル機能についての手掛かりが得られた。またS Longたちの研究グループはゼブラフィッシュのMCUの低分解能構造も報告しており、このMCUも同様な構造であることが分かった。

2018年7月26日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度