Nature ハイライト

天文学:2つの星の物語

Nature 559, 7715

太陽の近傍の星の化学組成からは、私たちが2つのはっきりと異なる種族の星を見ていることが示唆されている。1つは、早期に速やかに形成されたもので、もう1つは、より長い時間をかけて進化したものである。今回、野口正史(東北大学)は、モデルを使ってこの観測結果に説明を与えている。このモデルでは、早期の種族は低温の始原ガスの流れが落下した結果として形成され、その一方で2番目の種族は、数十億年たって銀河系の暗黒物質ハロー中の高温ガスが十分低温になり、内側へ降着し始めてから、形成が始まったとされる。

2018年7月26日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度