Nature ハイライト

量子物理学:極低温原子からの物質波の自然放出

Nature 559, 7715

原子などの量子系は、光子を自然放出することによって、励起状態から低エネルギー状態に崩壊し得る。このタイプの放出は、放出され得る光子を制約するフォトニックバンドギャップ材料に原子を配置することによって変えることができる。こうした実験は、量子光学の中核をなしているが、実現は困難であり、その調整はさらに難しい。D Schnebleたちは今回、極低温原子を用いてよく似た挙動を実証し、光格子に閉じ込められたルビジウム原子からの物質波の自然放出を報告している。この高度に調整可能な系によって、量子電磁力学を調べる柔軟なプラットフォームが得られる。

2018年7月26日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度