News

CRISPR技術にカブリ賞

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180910

原文:Nature (2018-06-07) | doi: 10.1038/d41586-018-05308-5 | Million-dollar Kavli prize recognizes scientist scooped on CRISPR

Giorgia Guglielmi

CRISPR遺伝子編集技術はまたもや著名な科学賞を手繰り寄せ、その貢献が見落とされがちであった科学者も共同受賞となった。

2018年のナノサイエンス賞受賞の3氏。 左からVirginijus Siksnys、Emmanuelle Charpentier、Jennifer Doudna。 | 拡大する

VILNIUS UNIV. (LEFT)/HALLBAUER&FIORETTI FOTOGRAFIE (MIDDLE) UC BERKELEY (RIGHT)

カブリナノサイエンス委員会は2018年5月31日、「正確なDNA編集ナノツールであるCRISPR – Cas9を発明し、生物学、農業および医学に革命を起こしたことに対し」、マックス・プランク感染生物学研究所(ベルリン)のEmmanuelle Charpentier、カリフォルニア大学バークレー校(米国)のJennifer Doudna、そしてビリニュス大学(リトアニア)のVirginijus Siksnysの3名の生化学者に賞を授与することを決定した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度