News

「他者」の空間位置を把握する場所細胞

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180302

原文:Nature (2018-01-12) | doi: 10.1038/d41586-018-00484-w | ‘Bat-nav’ reveals how the brain tracks other animals

Alison Abbott

コウモリとラットで行われた2つの実験で、動物が自己の空間位置を把握するのに用いている脳内のナビゲーションシステムが、他者の場所や動きも捉えていることが示唆された。

動物が「他者」の動きを観察するとき、 脳内では何が起こっているのか。 | 拡大する

Seregraff/iStock/Getty Images Plus/GETTY

動物の脳内ナビゲーションシステムについては、さまざまな機能を担う神経細胞(ニューロン)がすでに複数発見されているが、これまでの成果はいずれも「自己」の空間認知に関するものだった。そんな中、イスラエルの研究チームは今回、コウモリの脳で、同種他個体や物体などの「他者」の動きを把握するように特殊化したと見られるニューロンを突き止めた1。これらの細胞は、自己の場所を表現する「場所細胞」と同じく「海馬」と呼ばれる脳領域に存在している。また、日本の研究チームも、ラットの海馬が、自己の空間認知だけでなく他者の空間位置の把握にも使われていることを見いだした2。これら2つの成果は共に、Science 2018年1月12日号で報告された。この思いがけない知見は、哺乳類の脳の複雑なナビゲーションシステムをさらに踏み込んで解明するための足掛かりとなる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度