News & Views

浸透性農薬の根深い問題

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181231

原文:Nature (2018-09-06) | doi: 10.1038/d41586-018-05917-0 | An alternative to controversial pesticides still harms bumblebees

Nigel E. Raine

スルホキシイミン系の農薬への曝露が、マルハナバチのコロニーに重大な悪影響を与えることが示された。この知見は、ハチを殺虫剤にさらすリスクへの懸念がネオニコチノイド類のみに限定されるべきではないことを示唆している。

拡大する

JEF MEUL/ NIS/ MINDEN PICTURES/GETTY

農業の集約化に伴い、我々は農薬に大きく依存するようになった。中でも殺虫剤は、害虫による作物の被害を抑えるのに有用だが、その影響は益虫にも及ぶことがあり、農家が頼りにしている益虫の害虫防除能力や花粉媒介能力1を低下させてしまう可能性がある。実際、殺虫剤使用の増加は、花粉媒介昆虫の世界的な減少と関連付けられている要因の1つである2。特に、「ネオニコチノイド類」と総称される、世界で最も広く使用されている殺虫剤は、ハナバチに対して深刻な悪影響を及ぼすことが明らかになっており、昨今ニュースでも大きく取り上げられている。今回、ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校(英国サリー)のHarry Siviterら3は、ネオニコチノイド類の後継品と目されているスルホキシイミン系殺虫剤「スルホキサフロル」もまた、重要な花粉媒介昆虫であるマルハナバチに対して深刻な影響を及ぼすことを明らかにし、Nature 2018年9月6日号109ページに報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度