Nature ダイジェスト

News

HIVの潜伏性リザーバーのマーカーが初めて明らかに

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170505

原文:Nature (2017-03-16) | doi: 10.1038/nature.2017.21639 | Hidden HIV reservoirs exposed by telltale protein

Amy Maxmen

HIVが潜伏感染している免疫細胞(潜伏性リザーバー)の特定に役立つマーカータンパク質CD32aが発見された。細胞表面に発現しているこのタンパク質を用いることで、こうしたリザーバーを排除できるようになるかもしれない。

HIVに対する現在の薬物療法は、ウイルス粒子を活発に産生している静止期CD4 T細胞(写真)を標的としている。しかしこれまでのところ、こうした細胞を効率的に攻撃することはできていない。 | 拡大する

NIBSC/SPL/Getty

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の治療では、静止期CD4 T細胞という特定の免疫細胞にHIVが潜伏できることが障害となっている。HIVが潜伏感染している静止期CD4 T細胞は、体内の免疫系による感知を長年にわたって逃れて生存し、見つけ出すことも、研究することも、殺傷することも難しいからだ。HIV研究者は、このような細胞(HIVリザーバー)を確実に突き止めることを最優先の目標としてきたが、これまでそうした成果は限られていた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度