Nature ダイジェスト

Editorial

冥王星の復讐

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170534

原文:Nature (2017-02-23) | doi: 10.1038/542392b | Pluto could be staging a comeback — and it’s not alone

惑星に分類される天体の数を大幅に増やすという提案がなされ、数々の興味深い論点を提起している。

拡大する

NASA/JHUAPL/SwRI

英国チェシャー州マックルズフィールドにあるジョドレルバンク天文台には、美しい機械式の太陽系儀が天井からつり下げられており由緒あるもののように見える。しかし、この太陽系の模型は、2013年に設置された非常に新しいものだ。なぜ新しいものなのか。この太陽系儀自体が大きなヒントになっている。この太陽系儀を見上げる場所に集まった子どもたちには、太陽系の惑星が8つ描かれた課題シートが与えられ、それぞれの名前を記入するようになっている。2006年に国際天文学連合(IAU)が新しい惑星の定義を決定して以降、冥王星は描かれていない(若い読者のために説明すると、年長の読者は、9つの惑星が太陽のまわりを回っていると学校で習ったのだ)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度