Nature ダイジェスト

News

「微生物ダークマター」から見いだされた希望の光

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150302

原文:Nature (2015-01-07) | doi: 10.1038/nature.2015.16675 | Promising antibiotic discovered in microbial ‘dark matter’

Heidi Ledford

培養不能な細菌を培養する画期的な装置が確立され、MRSAなどの薬剤耐性菌を死滅させる新規抗生物質が見つかった。

THINKSTOCK

2014年4月、世界保健機関(WHO)は「ポスト抗生物質時代」、つまり、ありふれた感染症や軽度のけがで人々が死ぬ時代が、今世紀中にも到来するかもしれないと発表した。多剤耐性菌のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)はすでに医療機関から地域社会へと広がっており、多剤耐性結核の2013年の新規発生症例数は48万例に上っている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度