Research press release

【がん】マウスの色素沈着を活発にして黒色腫を防ぐブックマーク

Nature

Cancer: Activating pigmentation to prevent melanoma in mice

色素沈着過程に関係するタンパク質の修飾によってマウスにおける黒色腫の発生を防げることが明らかになった。この結果を報告する論文が、今週掲載される。

メラノコルチン1受容体(MC1R)は、ヒトとマウスの皮膚の色素沈着に重要な役割を担っていることが知られている。一方、MC1RのRHCバリアントを持つ人、例えば、赤毛の髪の人、色白の人、日焼けしにくい人は、色素沈着を誘導する能力が低いため、黒色腫を発症するリスクが高い。

今回、Rutao Cuiたちの研究グループは、いくつかの低分子のスクリーニングを行って、パルミチン酸によってMC1RのRHCバリアントの活性が変化することを明らかにした。そして、培養細胞を用いた一連の実験では、MC1Rに対するタンパク質のパルミトイル化(パルミチン酸の付加)がMC1Rシグナル伝達の活性化に必須で、このシグナル伝達が究極的に色素沈着を増加させることが明らかになった。また、Cuiたちは、MC1RのRHCバリアントを有するマウスの場合に、パルミトイル化の促進によってMC1RのRHCバリアントの異常が救済され、色素沈着が増加し、黒色腫の発症が防止されることも報告している。Cuiたちは、タンパク質-アシルトランスフェラーゼZDHHC13の発現増加を誘導し、または脱パルミトイル化を阻害してMC1Rのパルミトイル化を回復させることが、将来的な黒色腫予防の臨床的戦略候補の基盤となる可能性があるという考えを示している。

Modification of a protein involved in the pigmentation process is shown to protect against the development of melanoma in mice, a study published online in Nature this week reports.

The protein melanocortin-1 receptor (MC1R) is known to have an important role in skin pigmentation in humans and mice. However, individuals carrying MC1R RHC variants, including those with red hair colour, fair skin and poor tanning ability, have an associated higher risk of developing melanoma owing to a reduced capacity to induce pigmentation.

By screening several small molecules, Rutao Cui and colleagues show that palmitic acid modulates the activity of MC1R RHC variants. In a series of experiments in cultured cells, the authors found that protein palmitoylation (the addition of palmitic acid) to MC1R is essential for activating MC1R signalling, which ultimately triggers increased pigmentation. The authors also report that activating palmitoylation rescues the defects of MC1R RHC variants, increases pigmentation, and prevents the development of melanomas in MC1R RHC variant mice. They suggest that rescuing MC1R palmitoylation by up-regulation of the protein-acyl transferase ZDHHC13 or inhibition of depalmitoylation might prove to be the basis of potential clinical strategies to prevent melanomas in the future.

doi: 10.1038/nature23887 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度