Nature ハイライト

免疫学: 病原体の記憶

Nature 552, 7685

記憶細胞は、再感染や、ワクチン接種後の感染を防ぐが、記憶細胞がナイーブT細胞とエフェクターT細胞のどちらに由来するのかは分かっていない。R Ahmedたちは今回、黄熱ワクチン接種と重水素標識の後に、ヒト体内で長期生存する記憶CD8 T細胞の生成、維持、特徴について調べた。その結果、長期生存する記憶CD8 T細胞が、感染のエフェクター段階で盛んに分裂する細胞に由来することが示された。静止状態の記憶細胞はナイーブT細胞の表現型に戻るようだが、エフェクターT細胞に類似した活性型の遺伝子調節パターンを維持していた。また、R Ahmedたちは別の論文で、エフェクターCD8 T細胞と記憶CD8 T細胞が分化する際のDNAメチル化の変化を調べ、長期生存する記憶細胞がエフェクターT細胞から生じるとするモデルを裏付けている。

Article p.362
doi: 10.1038/nature24633 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.404
doi: 10.1038/nature25144 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.337
doi: 10.1038/d41586-017-08280-8 | 日本語要約 | Full Text

2017年12月21日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度