Nature ハイライト

微生物生態学: 微生物は微量ガスからエネルギーを得ている

Nature 552, 7685

南極の陸域は地球で最も極端な環境の1つだが、以前の研究からは、この地もまた微生物の命を支えていることが示されている。しかし、こうした光合成の可能性が低い地域で、微生物群集がどのようにしてエネルギーや炭素の要求を満たしているのかは解明されていない。今回B Ferrariたちは、ショットガンメタゲノミクスと生化学的解析を用い、そうした南極陸域の2か所について一次生産の基盤を明らかにし、これらの群集が大気中の微量ガスであるH2とCOの十分な速度での酸化によって維持されていることを実証している。これは一次生産の新たな様式だが、この様式がエネルギー生産に広く用いられる経路であるかどうかを評価するには、さらなる研究が必要である。

News & Views p.336
doi: 10.1038/d41586-017-07579-w | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.400
doi: 10.1038/nature25014 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年12月21日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度