Nature ハイライト

神経:タイミングは嗅覚の要素の1つ

Nature 479, 7373

タイミングは嗅覚の要素の1つ
タイミングは嗅覚の要素の1つ | 拡大する

Credit: Elena Nikanorova / copyright Dmitry Rinberg/HHMI

嗅覚系でのにおいの符号化は、どのニューロンが応答するかだけでなく、ニューロンがいつ応答したかによっても行われる。マウスでは、特定のにおいを嗅ぐと、嗅覚ニューロン集団内に明確な一連の活動が生じるが、こうしたタイミング情報が実際に読み取られて使われているかどうかはわかっていない。嗅ぎ行動と嗅覚活性化の相対的タイミングをマウスが感知するかどうかを検証するために、D Rinbergたちは、光遺伝学の手法を使って嗅覚ニューロンを活性化させた。マウスはわずか10ミリ秒のタイミングの差を行動で示せることや、こうしたタイミング情報が嗅球以降の過程で符号化されていることが明らかになった。

2011年11月17日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度