Nature ハイライト

構造生物学:細菌が赤色を感知する仕組み

Nature 479, 7373

フィトクロムは、植物や菌類、細菌で、赤色光吸収型と遠赤色光吸収型の間の可逆的な光変換により光応答を調節する光受容体である。Yangたちは今回、温度走査低温結晶学の手法を用いて、緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)由来のバクテリオフィトクロムの光反応中に生じる3つの中間体と、重要なコンホメーション変化についての構造情報を得ている。

2011年11月17日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度