Nature ハイライト

生理:サンゴヘビの強力な毒の作用機構

Nature 479, 7373

サンゴヘビの強力な毒の作用機構
サンゴヘビの強力な毒の作用機構 | 拡大する

Credit: National Natural Toxins Research Center at Texas A&M University-Kingsville

テキサスサンゴヘビに咬まれると、致命的ではないにしても、身を切られるような激しい痛みが長く持続する。今回、こういう痛みにかかわる毒素の特徴が明らかにされた。精製された活性成分(MitTx)は、2つのハウスキーピング酵素の珍しい組み合わせから生じたもので、この二量体形成により酸感受性イオンチャネルASIC1の強力で選択的な活性化因子が作り出される。ASIC1の活性化によって、熱痛や炎症性疼痛を感知する一次求心性侵害受容器が増強される。MitTxの性質が明らかになったこと、また侵害受容にASIC1チャネルが関与しているという予想外の発見は、このようなイオンチャネルの研究にはもちろん、一般的な疼痛研究にも新たな道を開くだろう。

2011年11月17日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度