News Feature

若者の危険行動を科学する

青年期の危険行動は単に反抗心から生じるものではない。神経科学による取り組みから、若者の危険行動には、彼らを取り巻く濃密で繊細な人間関係が関わっていることが明らかになってきた。

拡大する

Mike Harrington/DigitalVision/Getty

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180517

原文:Nature (2018-02-22) | doi: 10.1038/d41586-018-02170-3 | Sex and drugs and self-control: how the teen brain navigates risk

Kerri Smith

15歳になるCole Skinnerは、使われなくなった採石場の上部の壁にぶら下がっていた。1台の車がやってきて停まる音が聞こえると、Coleは、友人らと大急ぎで壁から降りて、採石場の縁の上を競うように走り、有刺鉄線が張られたフェンスを跳び越えて、採石場の敷地から出た。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度