News Scan

血液検査で放射線被曝を判別

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170708a

マイクロRNAがマーカーになる

2011年に福島第1原子力発電所で起きたような原子力事故の際、初動対応要員は大勢の放射線被ばく量を素早く測定し、緊急治療が必要な人を特定する必要がある。迅速で正確な検査法はあるのだが、高度な検査室と高価な装置、細心の注意を伴う作業が必要だと、ダナ・ファーバーがん研究所(米国マサチューセッツ州メドフォード)の放射線腫瘍医Dipanjan Chowdhuryは言う。また、そうした事故状況下では「抗放射線薬が大量に手に入るわけではない」という。「誰に優先的に投薬すべきかを、どのように決めればよいか?」

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度