News

南極大陸の棚氷に巨大亀裂

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170511

原文:Nature (2017-02-23) | doi: 10.1038/nature.2017.21507 | Giant crack in Antarctic ice shelf spotlights advances in glaciology

Jeff Tollefson

南極大陸の4番目に大きな棚氷「ラルセンC」に、長さ175kmの亀裂が発生している。近く、東京都の2倍を超える面積の氷山を分離しそうだ。

ラルセンCにできた巨大な亀裂。幅は90m以上で、棚氷の底まで貫通している。NASAの調査で2016年11月に撮影された。ラルセンCは南極半島東側にある棚氷で、面積は約5万km2、厚さは約350mある。 | 拡大する

NASA

南極大陸の4番目に大きな棚氷「ラルセンC」に、長さ175km(2017年1月19日現在)の巨大な亀裂が発生している。亀裂を監視してきた科学者たちは、数週間から数カ月以内に亀裂が海に達し、東京都の2倍余りの面積に相当する約5000km2の巨大氷山をウェッデル海に分離する可能性がある、と指摘する。今後、ラルセンC全体の崩壊につながる可能性があり、地球温暖化との関連や海面上昇が早まることが懸念される。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度