News Feature

細胞をつなぐナノチューブ

1999年に報告された、細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。これまで評価されていなかったこの細胞間連絡は、がん細胞や細菌にも利用され、それらが広がるのを助けている可能性が出てきた。

拡大する

KARINE GOUSSET/CHIARA ZURZOLO/PASTEUR INSTITUTE

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171219

原文:Nature (2017-09-21) | doi: 10.1038/549322a | How the Internet of cells has biologists buzzing

Monya Baker

自分はショウジョウバエの精巣のことを隅から隅まで知っていると、ミシガン大学(米国アナーバー)の発生生物学者、山下由起子は思っていた。ところが、この器官について一連の実験を行った彼女は、得られた結果にひどく困惑した。5年前のことだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度