Nature ダイジェスト

News

生きた細胞内でケイ素と炭素が初めて結合!

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170105

原文:Nature (2016-11-24) | doi: 10.1038/nature.2016.21037 | Living cells bind silicon and carbon for the first time

Davide Castelvecchi

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むことのできる酵素が見いだされた。さらに、ほんの数カ所の変異を加えたところ、人工触媒をしのぐ効率でケイ素–炭素結合を形成した。

ケイ素と炭素の間に化学結合を形成できる酵素が、アイスランドの温泉(有名なブルーラグーンを含む)に生息する細菌から発見された。 | 拡大する

Arctic-Images/The Image Bank/Getty

ケイ素は、至る所に存在し、地殻中の存在度が酸素の次に高い元素である。それにもかかわらず、生体内の生化学過程になぜ取り込まれないのか分かっていない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度