Nature ダイジェスト

News

神経回路操作実験の結果に注意!

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160202

原文:Nature (2015-12-09) | doi: 10.1038/nature.2015.19003 | Brain-manipulation studies may produce spurious links to behaviour

Sara Reardon

光や薬剤でニューロンを制御する研究手法は広く用いられているが、この手法で得られた結果と行動との関連は偽物かもしれない。光や薬剤が脳に予想以上の影響を及ぼしていることが示されたのだ。

光や薬剤で脳の神経回路を操作すると、その波及効果により実験結果が紛らわしいものになる可能性がある。 | 拡大する

John B. Carnett/Popular Science via Getty Images

緊密に絡み合った脳の神経ネットワークでは、1本のニューロン(神経細胞)の糸を引っ張ることにより多数の神経回路に影響が及ぶ場合がある。光遺伝学(光でニューロンを活性化させて脳の神経回路を制御する技術)や薬剤で脳神経回路を操作するなどの手法はよく用いられているが、Nature 2015年12月17日号に発表された論文1では、こうした実験から導き出した結論は正しいとは限らないため、結果は慎重に検討する必要があると警告している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度