Japanese Author

攻めか、守りか、棋士の直観を脳科学で解明

田中 啓治

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150819

プロの世界では、一瞬の気の迷いが命取りになることが少なくない。求められるのは、どのような状況下でも、瞬時に正しい決断を行う人並み外れた能力だ。理化学研究所 脳科学総合研究センター 認知機能表現研究チームの田中啓治チームリーダーらは、訓練を重ねたプロ棋士が直観的に「次の手」を決めたり、「攻めるか守るかの戦略」を決めるときの神経基盤の解明を進めてきた。10年にわたる脳活動の測定により、これまでに知られていなかった回路を突き止めることに成功した。

–– Nature ダイジェスト:直観についての研究を、将棋を用いて続けられています。

きっかけは全くの偶然でした。理研スタッフに向けた講演会で、将棋連盟元会長の故米長邦雄さんをお招きしたことがあり、脳科学センターの伊藤正男センター長(当時)に、プロ棋手の脳の仕組みを解明してはどうかと提案いただいたことがきっかけです。将棋はボードゲームの代表ともいえ、心理学では1950年代から将棋とよく似たチェスを使った研究が行われています。一流のプレーヤーはアマチュアとは全く異なる直観を働かせているとされてきたのですが、脳科学的な検討は行われていませんでした。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度