News

酵母の染色体1本を人工合成することに成功

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140604

原文:Nature (2014-03-27) | doi: 10.1038/nature.2014.14941 | First synthetic yeast chromosome revealed

Ewen Callaway

染色体の1つが合成染色体に置き換えられた酵母は、野生型の酵母と同様に成長し、合成染色体が正常に機能していることも確かめられた。

2010年、J. クレイグ・ベンター研究所(米国メリーランド州ロックビル)の遺伝学者Craig Venterは、原核生物のマイコプラズマ・ミコイデス(Mycoplasma mycoides)ゲノムの人工的な合成に成功した。彼はそれを達成するまでに、4000万ドル(約40億円)と15年の歳月を費やした。しかし、今回、ニューヨーク大学(米国)の酵母遺伝学者Jef Boekeらが、パン作りに用いられる出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)が持つ染色体の1本を新しく設計・合成し、その合成染色体を野生型の染色体と置き換えることに成功した。さらに、その染色体が完全に機能する上に、125世代まで安定に子孫に伝わることも確かめられた。人工生命体作製に向けて大きな一歩となったこの成果は、Scienceに報告された1。驚いたことに、この論文の共著者のほとんどは大学生である。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度