アーカイブ検索

キーワード

セクション

  • とっておき年間画像特集2022

    2022年にはNASAのジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した宇宙の画像が地上に届き始め、その高精細な画像は私たちの想像力を大いにかき立てました。地上では、ストレスにさらされた生態系や、細胞世界の驚くべき画像が撮影されました。ブラックホールから火山噴火まで、2022年にNature編集部の目を引いた写真を紹介します。

    2023年2月号

  • 生物学を支配する不定形の凝集体

    2009年の論文を皮切りに、細胞内のあちこちで見つかる奇妙な液滴に関する報告が急増している。この液滴はどのようにして形成され、どのような働きをしているのか?研究者たちは今、この謎の解明に取り組んでいる。

    2023年2月号

  • がんの最も厄介な変異に迫る

    多くのがん種で変異を起こしているKRASというタンパク質は、薬剤の標的にすることができないと考えられてきた。だが最近、KRASを標的とする一連の新薬の開発が進み始めたことで、道のりは長いが患者の命を救えるかもしれないという希望が見えてきた。

    2023年1月号

  • 求められる性差分析、実現への壁

    実験において性差が果たす役割を考慮するよう研究者に要請する研究資金配分機関や出版社が増えている。この要請に対しては異論もあり、適切に対応するのは容易ではない。

    2022年12月号

  • COVID-19罹患後症状と微小血栓の謎

    新型コロナウイルス感染症への罹患後、各種の不可解な症状が続くことがある。一部の症状は微小な血栓によって説明できる可能性があるが、多くの研究者は、効果が証明されていない治療法に患者が飛びつくことを懸念している。

    2022年11月号

  • 腸内細菌はがん治療を強化できるか

    がん免疫療法に対する抵抗性の打破に、便移植が役立った例がある。がんとマイクロバイオームとの関係に照準を定めた臨床試験は現在、数十件に及ぶ。

    2022年10月号

  • 脳の守護者たち

    脳の境界部には、免疫細胞が豊富に存在していることが分かってきた。ここの免疫細胞たちが脳を監視し、保護していることは、新たな常識となりつつあるばかりか、治療法への光となりそうだ。

    2022年9月号

  • 貧困を減らす方法を求めて

    科学者たちは、不平等や貧困への対策の効果を無作為化比較試験で検証してきた。その知見は、これらの問題に取り組む政府や支援機関の研究方法や実践方法を変えつつある。

    2022年9月号

  • 「エビデンスに基づく教育」で遅れを取り戻す

    SARS-CoV-2による新型コロナウイルス感染症の世界的大流行は史上最大の教育崩壊を引き起こした。しかし、子どもたちが遅れを取り戻すのを助けるための効果的な方法が、研究により明らかになっている。

    2022年8月号

  • NIHが生まれ変わるための4つの提案

    生物医学分野において、世界最大の研究資金配分機関である米国の国立衛生研究所(NIH)。その長官ポストが12年ぶりに空席となっている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックで直面した問題を手掛かりに、研究者たちがその改革案を示す。

    2022年8月号

  • 失った運動、触感、対話を取り戻す脳埋め込み装置

    麻痺のある人の運動やコミュニケーションを可能にする脳–コンピューターインターフェース(BCI)。より高度になりつつあるこの装置に、商業的な関心も集まっている。

    2022年7月号

  • タンパク質構造予測AIによる革命と「その先」

    タンパク質の立体構造を予測する「AlphaFold(アルファフォールド)」。2021年7月の公開から早くも生物学に大変革をもたらしつつある。

    2022年7月号

  • アルツハイマー病を発症前に治療する

    脳内の有害なタンパク質を除去する目的で、発症前の人に薬を投与する試験が行われている。

    2022年6月号

  • ウイルス感染の長期的な影響

    多発性硬化症という慢性疾患に、ウイルス感染が関わっていることが分かった。ウイルス感染が引き金となる慢性疾患は、ワクチンで予防できるのか? どうすれば、その効果を確認することができるだろう?

    2022年6月号

  • 心臓と頭部の結び付きの謎

    手足もなければ頭もないホヤ。その研究から、脊椎動物のボディープランの進化理論が書き換えられている。

    2022年5月号

  • 尿のリサイクルが世界を救う

    下水から尿を分離することで、難しい環境問題のいくつかが緩和され、持続可能な形で肥料を供給することができると期待されている。しかし、生活の最も基本的な側面の1つを根本的に作り替えるには大きな障害がある。

    2022年4月号

  • 乳児を守れ! 悲願のRSウイルスワクチン誕生へ

    呼吸器感染症を引き起こすRSウイルスにより、世界で毎年数百万人が入院し、数万人が亡くなる。ワクチン開発は半世紀もの間難航していたが、重要なタンパク質の構造解明とCOVIDワクチンでの知見の後押しにより、現在、4種類の新しいワクチンが後期臨床試験に入っている。

    2022年3月号

  • 人にも地球にも「ヘルシー」な食生活とは?

    栄養が十分に取れて地球環境の脅威にならないこと。私たちが目指さねばならない食生活のことだ。「最適な食物」を地域ごとに見定めるための研究が、世界各国で行われている。

    2022年3月号

  • ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、宇宙へ

    次世代宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」が、初期宇宙の解明を目指し、ついに宇宙へ旅立った!

    2022年2月号

  • タンパク質を本来の場所で観察する

    クライオ電子線トモグラフィーなどの最新の顕微鏡法によって、細胞の内部を、本来の密集した状態のまま可視化することが可能になった。

    2022年1月号