Research Abstract

前言語期の乳児は攻撃者から被害者を守る第三者の介入を肯定する

Preverbal infants affirm third-party interventions that protect victims from aggressors

2017年1月30日 Nature Human Behaviour 1 : 37 doi: 10.1038/s41562-016-0037 (2017)
前言語期の乳児は攻撃者から被害者を守る第三者の介入を肯定する
拡大する

有害な相互作用に対する第三者による保護的介入は一般に称賛される行為であり、道徳、正義、英雄的資質といった概念と結びつけられている。実際、そうした第三者の介入が絡むストーリーは、神話、書物、映画の形で、有史以来の大衆文化のなかに数多くみることができる。今日の発達科学では、ヒトはこうした介入を就学前から行うようになるとされている。例えば3歳児は、いじめから被害者を守ろうとして有害な相互作用に介入し、さらには悪さをする者を罰するだけでなく、被害者を助けることを優先することもある。しかしながら、他者によるそのような介入を、ヒトがどの時点で肯定し始めるかはわかっていない。本論文では、その発達の起源が生後6~10ケ月の乳児(N=132)にあることを報告する(N = 132)。攻撃的な相互作用に第三者が介入する筋書きの動画と介入しない筋書きの動画を見せられた後、6ケ月児は前者の第三者を好んだ。さらなる実験では、そうした選択の基盤となる心理的過程が確認された。6ケ月児は、介入者を攻撃者から被害者を守る存在であると見なしたが、介入者の意図を考慮した後にそうした介入を肯定したのは、より年長の乳児だけであった。今回の知見は、第三者による保護的な介入を知覚し、理解し、遂行する発達軌跡に光明を投じるものであり、あらゆる文化の数多くのストーリーに遍在する、そうした行為をした行為をヒトが称賛し、重視することの源が、前言語期の乳児の心にまで辿れることを示唆している。

Yasuhiro Kanakogi, Yasuyuki Inoue, Goh Matsuda, David Butler, Kazuo Hiraki & Masako Myowa-Yamakoshi

Corresponding Author

鹿子木 康弘
京都大学大学院教育学研究科(現所属:NTTコミュニケーション科学基礎研究所)

Protective interventions by a third party on the behalf of others are generally admired, and as such are associated with our notions of morality, justice and heroism. Indeed, stories involving such third-party interventions have pervaded popular culture throughout recorded human history, in myths, books and movies. The current developmental picture is that we begin to engage in this type of intervention by preschool age. For instance, 3-year-old children intervene in harmful interactions to protect victims from bullies, and furthermore, not only punish wrongdoers but also give priority to helping the victim. It remains unknown, however, when we begin to affirm such interventions performed by others. Here we reveal these developmental origins in 6- and 10-month old infants (N = 132). After watching aggressive interactions involving a third-party agent who either interfered or did not, 6-month-old infants preferred the former. Subsequent experiments confirmed the psychological processes underlying such choices: 6-month-olds regarded the interfering agent to be protecting the victim from the aggressor, but only older infants affirmed such an intervention after considering the intentions of the interfering agent. These findings shed light upon the developmental trajectory of perceiving, understanding and performing protective third-party interventions, suggesting that our admiration for and emphasis upon such acts — so prevalent in thousands of stories across human cultures — is rooted within the preverbal infant’s mind.

プライバシーマーク制度